福岡県内のミュージアム

■『地震、そのとき博物館は −福岡県西方沖地震における県内博物館の被災に関する報告書』のダウンロードについては、このページの下部にあります。

ここには福岡県博物館協議会の加盟館園を掲載しています。
福岡県ミュージアムガイド(約1.1MB)をダウンロードするには、ここをクリックしてください。
各館園の詳細については、直接各館園にお問い合わせください。

北九州∇ 京築∇ 筑豊∇ 福岡∇ 筑紫∇ 北筑後∇ 南筑後∇

■『地震、そのとき博物館は −福岡県西方沖地震における県内博物館の被災に関する報告書』
(2006年、編集:福岡県博物館協議会、発行:文化環境研究所、全64頁)

2005年3月の福岡県西方沖地震で被災した県内博物館の状況と今後の地震対策をめぐって、2005年11月マリンワールド海の中道で開催した「シンポジウム 地震、そのとき博物館は・・・」(主催:福岡県博物館協議会、共催:文化環境研究所)の記録をもとに執筆、再編集したものです。

「地震、そのとき博物館は −福岡県西方沖地震における県内博物館の被災に関する報告書」目次(全64頁)

○被災報告編
福岡県西方沖地震の実態
地震発生と余震の経過
被害の概要
各博物館の基礎資料と被災状況
報告1 福岡アジア美術館
報告2 須恵町立歴史民俗資料館
報告3 福岡県立美術館
報告4 海の中道海洋生態科学館(マリンワールド海の中道)
報告5 御花史料館

○ディスカッション編
発言1 阪神淡路大震災に学ぶ
発言2 新潟県中越大震災に学ぶ
発言3 御花史料館の本質
発言4 九州国立博物館が守り伝えるもの
発言5 九州産業大学美術館の判断と行動
発言6 二次災害から展示品を守る

●報告書をダウンロードするには、ここをクリックしてください。(注意:全体で約43.7MBあります。)
●画質を落とした「軽量版」(約4.8MB)をダウンロードする場合は、ここをクリックしてください。内容は同じです。