【とっとっと?展】とっとっトーク

寺江圭一朗「石とラブレターとテレパシーとコントロール」2014年(映像/本展出品作)

寺江圭一朗「石とラブレターとテレパシーとコントロール」2014年(映像/本展出品作)

11月3日は昭和39年に建った福岡県文化会館にとっても、昭和60年にできた福岡県立美術館にとっても大切な開館記念日です。そこで来るこの日に、現在開催中の「福岡県文化会館建設50年記念 とっとっと? きおく×キロク=」の一環として「とっとっトーク」を開催します。

トークには、この展覧会に新たに出品をお願いした作家6人(泉山朗土、今岡昌子、酒井咲帆、寺江圭一朗、菱川辰也、森田加奈子)と展覧会担当学芸員の竹口だけでなく、「思い出」を活動の一つの軸にして動きつづけている田北雅裕さん(九州大学専任講師)も参加。記録、記憶、思い出をキーワードにしながら、未来や希望のことをすこしでも考えることのできる場になれば、と思っています。(竹口)

 


作家プロフィール→ http://fukuoka-kenbi.jp/blog/20140913_kenbi3252.html
田北雅裕さんのパーソナルサイト→ http://trivia.gr.jp/
田北さんのライフワークのひとつ「オモイデアンケート」→ http://memory.local-design.jp/

 


「とっとっと? きおく×キロク=」展第3部:ともに歩いていくために
11月3日(月・祝)14:00~ とっとっトーク
場所:当館4階視聴覚室(会場は13:30/先着80名程度)
参加無料

*当日都合により参加できない作家もおります。あしからずご了承ください。

カテゴリー

アーカイブ

開催中の展覧会

展覧会

第3回 原遊会書作展 開催中

  • 会期平成30年10月16日(火)〜
      平成30年10月21日(日)
展覧会
エドガー・ドガ「リハーサル」1874年頃、油彩・カンヴァス
グラスゴー、バレル・コレクション ©CSG CIC Glasgow Museums Collection

印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション 開催中

  • 会期平成30年10月12日(金)〜
      平成30年12月9日(日)
展覧会
鹿児島寿蔵 紙塑人形「卑弥呼」1966年、当館蔵(泰光コレクション)

郷土の美術をみる・しる・まなぶ 2018
泰光コレクション寄贈記念展「鹿児島寿蔵の人形と短歌」 開催中

  • 会期平成30年10月6日(土)〜
      平成30年11月25日(日)