【作品貸出】「山本作兵衛の世界」展

yamamotosakubei

*本作品は展覧会出品作のひとつですが、当館所蔵品ではありません

2011年ユネスコによって世界記憶遺産として登録された山本作兵衛(1892-1984)の炭坑記録画や資料類。以来、まとめて目にすることがなかなか叶いませんでしたが、待ちに待った機会がようやく訪れました。現在、福岡市博物館で開催中の開館25周年記念展「世界記憶遺産・山本作兵衛 ~記憶の坑道~」(~7/26)では作兵衛の世界、筑豊の炭鉱を巡る歴史にどっぷりと浸かることができます。

当館からも山本作兵衛《木枯し》を出品しておりますが、さらに加えて、福岡県嘉穂郡穂波町(現在の飯塚市)に生まれ、炭鉱を見て育ったという洋画家 野見山暁治が描いた《廃坑(A)》と《ベルギーのボタ山》の2点も出品しております。

会期中に大規模な展示替えもあるようなので、開催館にお問い合わせのうえ、足をお運びいただけましたらうれしく思います。(竹口)

 

福岡市博物館
→ http://museum.city.fukuoka.jp/

展覧会特設ホームページ
→ http://rkb.jp/kioku_no_koudou/index.html

カテゴリー

アーカイブ

開催中の展覧会

展覧会
エドガー・ドガ「リハーサル」1874年頃、油彩・カンヴァス
グラスゴー、バレル・コレクション ©CSG CIC Glasgow Museums Collection

印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション 開催中

  • 会期平成30年10月12日(金)〜
      平成30年12月9日(日)
展覧会
鹿児島寿蔵 紙塑人形「卑弥呼」1966年、当館蔵(泰光コレクション)

郷土の美術をみる・しる・まなぶ 2018
泰光コレクション寄贈記念展「鹿児島寿蔵の人形と短歌」 開催中

  • 会期平成30年10月6日(土)〜
      平成30年11月25日(日)