野十郎「牡丹」「人形」をコレクション展に

髙島野十郎「牡丹」制作年不詳 当館蔵

髙島野十郎「牡丹」制作年不詳 当館蔵

昨年から開催中の「髙島野十郎展」も会期残りわずかとなりました。厳しい寒さも続いておりますが、ありがたいことに美術館には連日たくさんのお客様にご来場いただいております。会場に設置しているアンケートにお答えいただいた方の中には、なんと4度目の来場だと仰る方もいらっしゃり、みなさまの野十郎さんへの熱い思いに圧倒される日々です。

さて、野十郎展のひとつ上の階、4階展示室ではコレクション展「特集 あなたの暮らしのための工芸」が始まりました。実はこのコレクション展にも《牡丹》《人形》の2点の髙島野十郎作品が出品されています。また《人形》のモチーフとなった野十郎愛蔵の人形も一緒に展示。3階「髙島野十郎展」とはまた違った視点で野十郎さんの作品をご紹介しておりますので、みなさまどうぞお見逃しなく!

こちらのコレクション展は有料展になりますが、会場受付で「没後40年 髙島野十郎展」半券をご提示いただきますと、一般の方は割引料金の160円でご覧いただけます。さらに、65歳以上の方は受付に生年月日の分かるものをご提示いただきますと無料、土曜日の高校生以下の方も無料になります!

4階には他にも廊下に無料の髙島野十郎特設コーナーを設け、《ひまわり》など4点も展示しております。

「没後40年 髙島野十郎展」は今月いっぱいの1月31日(日)まで。過去最大規模でおくる野十郎さんの回顧展を、会場の外まで含めて余すことなく味わっていただければ幸いです。(横山)