福岡県立美術館
Fukuoka Prefectural Museum of Art
HOMEへ移動
文字サイズ
ホーム > ケンビブログ > 2013年

ケンビブログ

「未来をデザインする美術館」はじまります

 

メインイメージ

2014年1月7日(火)から、田川市美術館で移動美術館展「未来をデザインする美術館」がはじまります。

福岡県立美術館の所蔵作品を各地で紹介する移動美術館展。今回のテーマは”デザイン”です。

出品作品リスト(PDF)

ポスターやパッケージから、絵画や染織、漆芸、陶磁、金工まで、ケンビのさまざまな作品を通して、いろいろな”デザイン”をご紹介します。「”デザイン”って何だろう?」という人も、「”デザイン”大好き!もっとたくさん見たい知りたい考えたい」という人も、きっと何かが見つかるはず。ぜひ、一度、足を運んでみてください。(M.F)


”デザイン”の世界を旅する道しるべとなるワークシート。デザインをみて、デザインして、デザインから考えて、展覧会を楽しもう!

平成25年度福岡県立美術館所蔵品巡回展
  移動美術館展「未来をデザインする美術館」
【会期】平成26年1月7日(火)〜2月9日(日)
【会場】田川市美術館 → http://www.joho.tagawa.fukuoka.jp/bijyutu/
【料金】一般:210円 (160円)   *( )内は20名以上の団体料金。
高校生以下は無料。

江上茂雄展で思い出すことなど

★P1010357

当館での江上茂雄展が11月10日に終わった後、大牟田市立三池カルタ・歴史資料館での江上茂雄展も先日12月8日に終わり、すでに9月に終わった田川市美術館とあわせて県内3か所での江上茂雄展がすべて終了しました。ありがとうございました。

福岡ケンビでの会場写真をすこし整理しました。会期中の対話や溜息、涙が思い出されるようです。

★P1010413
★P1010370
★P1010377
★P1010391
★P1010476
★P1010470
★P1010433
★P1010498

ちなみにこの展示会場は、展覧会担当の私の「ああしたい、こうしたい」という気持ちを空間デザイナーの坂崎隆一さんが形として具体化し、みごとに実現してくれました。(竹口)

県美で楽しむ『軍師官兵衛』

来年1月から、大河ドラマ『軍師官兵衛』が始まります。福岡県内では“官兵衛ゆかりの地”として、様々な関連イベントが行われています。

美術図書室でも、官兵衛や黒田家に関する書籍資料の展示を行っています。歴史書だけではなく、黒田家関連の展覧会図録も一緒に展示しています。県美でも『軍師官兵衛』をお楽しみください。DCF00768.JPG

開催中の『コレクション展Ⅲ 美を寿ぐ』に関連した資料や、2012~2013年に福岡県内で開催された展覧会の図録も同時に展示しています。DCF00773.JPG
師走の慌ただしい時期ですが、たまには県美でゆっくり美術鑑賞や読書を楽しんでみませんか?(F)

今日はスクール・ミュージアム事業(アートコース)で中学生が来館しました。

IMG_0048

今日は飯塚市立幸袋中学校1年生のみなさんが来館しました。特集Ⅲ「美を寿(ことほ)ぐ」を鑑賞しました。この展覧会は、おめでたいことを喜ぶ、お祝いする「寿ぎの美」をテーマに絵画、陶器、染色など当館のコレクションを紹介しています。中学生のみなさんはお祝いとして誰かに贈りたいものを1つ選び、友達や先生、県美の職員に紹介するなど、いつもとは違った作品鑑賞を行いました。

「ぼくはこの梅の絵をおばあちゃんに贈りたいです。おばあちゃんの家には梅の木があって、おばあちゃんはその梅の木をとても気に入っています。おばあちゃんにはこの梅の絵を贈り、新年を迎えてほしいです。」という言葉を聞いて、子どもたちのやさしさに心が温まりました。

このように当館では、学校の児童生徒に鑑賞プログラムを提供しています。スクール・ミュージアム事業など詳細をお知りになりたい方は、県立美術館普及課まで。(松藤)

江上茂雄展は終わらない

★R0044477

当館での江上茂雄展は11月10日に終了しましたが、大牟田市立三池カルタ・歴史資料館では12月8日まで「江上茂雄の世界 ~ふるさと大牟田の情景~」と題した展覧会が開催され、江上茂雄さんの作品30点程度が展示されています。

また、既にご存知の方もいらっしゃるでしょうが、江上茂雄展についてのブログやFacebookもこのホームページとは別個に運営しております。こちらは12月9日以降も続きますので、たまに思い出してのぞいてみてください。

江上茂雄展は終わらないのです。(竹口)

三池カルタ・歴史資料館
→ http://xn--lckxb0hrc887rrohu16b2sb.com/

江上茂雄展ブログ
→ http://egamishigeoten.blogspot.jp/

江上茂雄展Facebook
→ https://www.facebook.com/egamishigeoten

 

【江上茂雄展】祝!4,000人

写真 (6)
江上茂雄展は本日いよいよ最終日となりました。

その前日に、入場者が4,000人を超え、ちょっとしたお祝い。4,000人目のその方には本展図録を差し上げ、じつはちょうどギャラリートーク中だったのですが中断し、トーク参加者と一緒に記念撮影を撮ったり。皆さん初対面とは思えぬいい笑顔。江上茂雄さんの懐深さのおかげですね(とはいえ、茂雄さんの写真が隠れてしまっているのはご愛嬌…)

さて、今日1日、どんな顔に会うことができるのでしょうか。(竹口)

手作り美術新聞

美術図書室では、中学生・高校生たちの手作り新聞を掲示しています。DSC00003

県美で職場体験を行った生徒のみなさんが、おススメの画家を選んで紹介しています!
DSC00001 (2)DSC00656
作家の生い立ちや、生徒さんの視点で語る作品の魅力など、充実した内容です。 この他にも、フェルメールやゴッホなど、多数掲示しています。紹介している 画家の作品集も展示していますので、あわせてご覧になると、より一層楽しんで いただけるのではないでしょうか。(T)

【江上茂雄展】創作ワークショップおわりました

★R0044361
「なにをどんなふうに使ってもかまいません。思い思いの風景を描いてみてください」

10月27日に行ったワークショップ「わたしのなかの風景をつくろう」。講師の草野貴世さんの誘いに最初はおそるおそるだった参加者も、画材となる赤い土の懐深さになじんでいくにしたがいどんどん筆が進み(いきおい余って手形まで!)、味わい風景の数々が生まれました。

江上茂雄さんがどんなふうに絵を描いているのか想像しながらの創作。気づけばどれもこれもなんだか江上さん風(ただし写真の画伯はオリジナリティ満点!)。最後は特製の額に入れて、参加者もとてもうれしそう。

★R0044394_01
できた作品は会場横の廊下に展示しています。江上展とあわせてお楽しみください。(竹口)

ページの先頭に戻る