生活と美術展

R0046091_01 (2)

熊本の小国町にある坂本善三美術館にて「生活と美術展 暮らしの中の坂本善三」という展覧会が開催されています(~5月31日)。当館で2016年1月から開催するコレクション展「あなたの暮らしのための工芸」と趣旨や狙いが共通していることもあって、展覧会をいっしょにつくってくれる坂下和長さん(CRITIBA)と連れ立って見に行ってきました。

居心地よく、刺激的でもある、すばらしい展覧会でした。どうすばらしいかと私が説明するよりも、チラシにも記載されている展覧会趣旨の文章をそのまま紹介した方が伝わるような気がしますので、以下に。

 

好みの服を着たり、好きな茶碗で食事をしたり、生活の中に美意識が生きている場面は多数あります。壁を好きな絵で飾るのもその一つでしょう。坂本善三の作品も、多くの家庭でその生活の一場面を彩ってきました。そんな元個人蔵の作品が当館にも多数収蔵されています。

それらの作品が、さまざまな暮らしの中でどのように愛でられてきたのか、美術館の中で再現してみようというのが本展の試みです。本展では、熊本県伝統工芸館収蔵品によるさまざまな工芸品と、坂本善三が使っていた道具や手がけた工芸作品によって暮らしの様子を再現し、その中で坂本善三の作品を味わってみようと思います。

家庭の中で作品は、美術館のような作品を鑑賞するためだけの部屋ではなく、日常の道具が置かれている中に存在しています。生活の中での絵画は、じっくりと眺める鑑賞の対象というよりは、日々の営みのかたわらで人々に静かに寄り添い、その日の出来事や気分によってさまざまな表情を見せていることでしょう。目にも留まらないこともあるかもしれないし、毎日暖かく語りかけてくれるかもしれない。あるいはふとした拍子に、日常が一変するような啓示を与えてくれることがあるかもしれません。


もしかしたら、そういうなんでもない毎日の中で私たちの心の礎を作り続けることこそが、美術の持つ本当の力なのではないでしょうか。


本当に好きなものに囲まれて暮らす豊かさを感じると共に、美術館で見るのとは違う、生きた美術の姿を垣間見ることができればと思います。


どうぞおうちでリラックスしているときのような気分で、この空間をお楽しみください。

 

新緑が気持ちいい季節です。来年の当館コレクション展「あなたの暮らしのための工芸」の予習もかねてお出かけくだされば、うれしく思います。(竹口)

 

 

坂本善三美術館
→ http://sakamotozenzo.com/

CRITIBA
→ http://critiba.com/

カテゴリー

アーカイブ

開催中の展覧会

展覧会
浦志武火子「焚き火」制作年未詳、当館蔵

コレクション展Ⅰ
おりおりのおり―四季と着物の折と織 開催中

  • 会期2019年3月16日(土)〜
      2019年6月23日(日)
展覧会

第103回 二科展(二科福岡巡回展) 開催中

  • 会期2019年3月19日(火)〜
      2019年3月24日(日)