【あること】はじまりました

 

会場風景

会場風景

現在4階で開催中のコレクション展3「特集:現代美術 “いま・ここ”を巡って」(~9/3)の連動企画として、7月14日より1階展示室では「あること」が始まりました(~7/26)。

現代美術を紹介しようとした時、当館のコレクションだけでは決定的に抜け落ちるものがあります。それが「インスタレーション」と呼ばれる、空間全体を使った仮設的な作品です。そこで「あること」では、主にインスタレーション作品を手がけている福岡在住の美術作家に空間を委ね、当館1階のユニークな展示空間を作品化してもらうことにしました。

坂井存、坂崎隆一、三輪恭子という3人の美術作家が、三者三様のアプローチから「あること=在ること/或ること」に迫り、一つの場をつくりあげました。19日(日)は坂井存によるパフォーマンス(15:00~)、25日(土)はアーティストトーク(15:00~)があります。また17日(金)と24日(金)はこの「あること」のみ20時までの夜間観覧が可能になります。

会期は短いですが、観覧無料でもありますので、何度でも足を運び、時間とともに変化する作品のさまを感じていただければうれしく思います。(竹口)

 

展覧会概要
→ https://fukuoka-kenbi.jp/exhibition/2015/kenbi4999.html

カテゴリー

アーカイブ

開催中の展覧会

展覧会
浦志武火子「焚き火」制作年未詳、当館蔵

コレクション展Ⅰ
おりおりのおり―四季と着物の折と織 開催中

  • 会期2019年3月16日(土)〜
      2019年6月23日(日)
展覧会

第103回 二科展(二科福岡巡回展) 開催中

  • 会期2019年3月19日(火)〜
      2019年3月24日(日)