とっぷらいと103号

とっぷらいと103号表紙写真(撮影:櫻木雅美)

とっぷらいと103号表紙写真(撮影:櫻木雅美)

福岡県立美術館レター「とっぷらいと」が101号でリニューアルしてまる1年。いよいよ103号ができました。今回の表紙写真はしっとりとモノクローム。見れば見るほど奥行きが生まれるふしぎな写真です。桜を愛でる悦びのうちにもさまざまな感情が去来する、そんな春らしい写真だと思います。

表紙写真を撮ってくれている櫻木雅美さんには、最初にわたしから言葉を伝えます。櫻木さんはそれを受け、イメージを膨らませ、写真を撮り、選び、印画紙に焼き付けます。その言葉が、じつは表紙を開いたところにあるメッセージとなっています。今回はこんなかんじ。

 

 えらぶことになれてしまったぼくらは
 ついつい忘れてしまっているね
 もともとだれかがつくってくれて
 それがここにあるってことを

 つくるようにえらぶことも
 えらぶことでつくることもできるんだ

 まだ見ぬだれかのためにつくることだって

 できるんだ

 

みなさんには、どんな風景が見えますか?(竹口)

 

福岡県立美術館レター「とっぷらいと」103号

めまぐるしさを生きぬく絵画(「色彩の奇跡 印象派展」紹介)
アルバムの魔法(原博文『いとおしい、あなたへ』より)
コレクション通信 太田熊雄《舟徳利》
日日の糧 『マザー・グースと三匹の子豚たち』『「いのち」を養う食』「パウル・クレー だれにもないしょ」展
猫とひかりの須崎公園

表紙写真 櫻木雅美
デザイン 矢野貴昭(vielen dank!)

カテゴリー

アーカイブ

開催中の展覧会

展覧会
江上茂雄「べにいろの雲」1964年前後、当館蔵

コレクション展Ⅱ
江上茂雄特集 開催中

  • 会期2019年6月29日(土)〜
      2019年8月29日(木)