今週のけんび(2021/1/13~1/17)

今週の福岡県立美術館は、
4階展示室では、「コレクション展Ⅲ 特集:風景に遊ぶ」(~2021年1月17日(日))を開催中です。
昨年10月3日からはじまった本展覧会も、いよいよ今週末で閉幕。
「風景」をテーマに特集した会場の中で、まるでタイムトラベルをするように、古今東西を描いた作品をお楽しみください。

4階廊下の髙島野十郎特設コーナーでは、1月5日から一部作品の展示替えを行っています。
《草間の谷》、《秋たけなは》、《奈良薬師寺》、《静物》、《パイプ》、《蝋燭》の6点を展示中です。

また、今週の貸展示室は、2つの展覧会を開催中です。
まず1階展示室は、「ちくごアートファーム計画2020 旅と恋愛」(~1月17日(日))。


九州芸文館(福岡県筑後市)を拠点としたアートプロジェクト『ちくごアートファーム計画』では、令和2年度は「旅と恋愛」をテーマに筑後地域の5会場で5人の作家の作品を展示しています(~1月24日(日)、水田天満宮・恋木神社─鈴木淳、MEIJIKAN─天野百恵、JR羽犬塚駅─牛島光太郎、旧八女郡役所─しりあがり寿、九州芸文館─土屋貴哉)。
そのサテライト会場となる本展では、5人の作家の筑後会場とは違う作品とともに、筑後会場の見どころやアートスタッフたちの活動を、写真、映像などで紹介しています。
また、公式Webサイト( ちくごアートファーム計画2020 旅と恋愛 | Chikugo Art Farm Project 2020 Love & Journey (love-and-journey.com) )ではWebラジオにて、アーティストインタビューなどを発信中。
会場ではWebラジオ『CAF放送局~あなたの旅と恋愛の思い出聴かせて下さい~』内でご紹介するお便りを募集しています。旅と恋愛に関するエピソードや会場作品の感想などをご応募いただき、みなさまもアートプロジェクトにご参加ください。

 

次に3階展示室1は、「福岡地区写真展(高文連写真専門部福岡支部)」(~1月17日(日))。

福岡県高等学校芸術・文化連盟の令和2年度福岡県高等学校総合文化祭写真展に出品された県内69校、4,227点の応募作品のうち、入賞・展示された福岡地区の写真作品89点を展示しています。
スマートフォンで手軽に写真撮影できるようになった昨今、写真はプリントされることなくメモリーカードや液晶画面の中だけで終わってしまうこともしばしばです。会場に展示される写真からは、その写真の良い面も悪い面も大きく拡大される大判プリントの面白さが、改めて伝わってきます。
高校写真部の活動の成果を、どうぞ会場でご覧ください。

 

 

福岡県立美術館では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策に取り組みながら開館しております。
お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、ご来館の際には取り組みへのご協力をよろしくお願いいたします。

カテゴリー

アーカイブ

開催中の展覧会

展覧会

ちくごアートファーム計画2020 旅と恋愛 開催中

  • 会期2021年1月13日(水)〜
      2021年1月17日(日)
展覧会

福岡地区写真展(高文連写真専門部福岡支部) 開催中

  • 会期2021年1月13日(水)〜
      2021年1月17日(日)
展覧会
中村琢二「ソウルの丘」1970年、福岡県立美術館蔵

コレクション展Ⅲ
特集:風景に遊ぶ 開催中

  • 会期2020年10月3日(土)〜
      2021年1月17日(日)

Twitter