どこでもケンビ【暫定版】オープン

福岡県立美術館では、新型コロナウイルスと共存せざるを得ないこの時代、「新しい生活様式」への対応のため、バーチャル美術館等を導入、公開することになりました。

具体的には、このホームページのトップページ等をリニューアルして、よりわかりやすく情報をお知らせできるようにするとともに、「福岡県立バーチャル美術館」と「edukenbi(えでゅけんび)」という、2つの魅力的なサイトを提供し、おうちにいながらも、当館の美術品をじっくり鑑賞し、また児童生徒の皆さんにも楽しく学習してもらえる、そのような内容を目指しています。

今回は暫定版として、そのごく一部を公開いたします。ちょっぴりですが体験していただき、その上で、来年3月末公開を予定している完成版を、どうぞお楽しみに!

◆福岡県立バーチャル美術館

 

←ここをクリック

 

https://virtualmuseum.fukuoka-kenbi.jp/
「孤高の画家」、「蠟燭の画家」として知られる髙島野十郎(1890-1975)の作品を中心に、福岡県立美術館が所蔵する珠玉の作品を、家にいながら堪能できる「福岡県立バーチャル美術館」は、2021年3月の開館に向けて絶賛制作中です。
開館まで、もうしばらくお待ちください。

 

◆edukenbi(えでゅけんび)

 

←ここをクリック

 

https://edukenbi.fukuoka-kenbi.jp/
「edukenbi(えでゅけんび)」β版は、“子どもたちのための美術と学びのウェブサイト”のテスト公開版です。おうちにいながら、インタラクティブな地図を探検して福岡県立美術館の作品について学んだり、動画をみたり、アクティビティに挑戦したりできます。
今後も作品紹介や動画を随時追加していきます。また、正式公開時は、そのほかのインタラクティブなツールや学校の先生や保護者のみなさんの役に立つ資料・素材などもでサイト内で提供予定です。


令和2年11月24日(火)掲載

「お知らせ」一覧に戻る