中村研一展講演会「中村研一と新居浜、そして住友」

  • 開催日
  • 平成30年2月17日(土) 
  • 時間
  • 14:00〜15:30 
  • 会場
  • 福岡県立美術館4階視聴覚室
  • 定員
  • 80名
  • 料金
  • 無料(予約不要)

講師/菅春二氏(新居浜市美術館学芸員、本展共同企画者)

「没後50年中村研一展」の講演会として、本展の共同企画者である新居浜市美術館学芸員の菅春二さんをお招きし、「中村研一と新居浜、そして住友」と題する講演会を開催いたします。
工都として名高い愛媛県新居浜市には、中村研一が敬愛する父・中村啓二郎(住友の鉱山技師長)の職場があったことから、中村研一にとってはゆかりの地にあたります。本展でも、昭和10年頃に描いた新居浜を主題とした絵画を数多く紹介しております。また、彼の代表作である「瀬戸内海」もまた新居浜の沖合に浮かぶ四阪島の日暮別邸を舞台とするなど、新居浜という地は中村研一にとって非常に重要な場所でした。
ぜひ講演会に参加していただき、中村研一の画業のバックグラウンドとして欠かすことのできない新居浜や住友との関係について、深く知っていただく機会になれば幸いです。

 

中村研一「瀬戸内海」昭和10年(1935)、京都市美術館蔵

 

開催中の展覧会

展覧会
倪瑞良「薔薇色の季節」1999年

息を呑む繊細美
切り絵アート展 開催中

  • 会期平成30年4月20日(金)〜
      平成30年6月3日(日)