Re: Nexus-Paper Works' Expressions
紙、やどる形

  • 会期
  • 平成27年10月10日(土)〜11月23日(月・祝)
  • 開館時間
  • 10:00〜18:00 入場は17時30分まで
  • 会場
  • 福岡県立美術館4階展示室
  • 料金
  • 一般:300円 (200円)  高大生:140円 (100円)  小中生:60円 (50円)
石井香久子「Japanese paper strings-musubu-R」2008年 作家蔵

石井香久子「Japanese paper strings-musubu-R」2008年 作家蔵

「紙」。
羊皮紙やパピルス、竹簡などにかわる記録の媒体(メディア)として「紙」が登場したのは紀元前2世紀ごろと言われています。以来、「紙」は、その長い歴史のなかで、ヒトの営みと深く関わり続けてきました。ペーパーレス社会という言葉を耳にするようになった現代でもなお、私たちの身の回りには様々な「紙」があふれています。
私たちにとって身近な存在である「紙」は、同時に、豊かな造形的可能性をもつものでもあります。「紙、やどる形」展では共星の里(福岡県朝倉市)で今春開催された「ネクサス―紙による表現」への返信/応答を試みつつ、「紙」を素材・テーマとする作品の魅力を探ります。
混沌とした液状の植物繊維が「紙」となる場から生み出される作品。「紙」を折り、「紙」を切り、「紙」を焼き、「紙」を包み、「紙」を編み、「紙」を貼り、「紙」を染め、「紙」を塗り、「紙」を束ね、「紙」を結ぶ――あらゆる手のわざを受け入れる紙の柔軟な力を解き放つ作品。知や文化の表象としての紙を造形化した作品。あるいは私たちの日常にあふれる「紙」の親しみのある表情を、ときにシニカルに切り出した作品。
「紙」が持つ幾つもの可能性、そのなかに宿る「形」の諸相、その魅力あふれる姿を、約40点の作品を通じてご紹介します。

*関連企画:「ネクサス―紙による表現―」展(於:共星の里、2015年3月22日~5月31日)、「Nexus―紙―展サテライト」(於:福岡県立美術館、2015年3月31日~4月12日)

主催 福岡県立美術館
共催 「ネクサス―紙による表現」展実行委員会
後援 「共星の里」黒川INN美術館

関島寿子《12葉の冊》 2015年

関島寿子《12葉の冊》 2015年 作家蔵

Antra Augustinovica《Dayspring

Antra Augustinovica《Dayspring》 2015年 作家蔵

 

三木悦子《1g》 2015年 作家蔵

三木悦子《1g》 2015年 作家蔵

 

黒田久美子《mice》 2001〜2015年

黒田久美子《mice》 2001〜2015年 作家蔵

出品作家
天野紀子、池崎義男、石井香久子、出居麻美、小川京子、鹿児島寿蔵、栗田融
くろきみつる、黒田久美子、佐藤賢司、佐藤千香子、下村好子、鈴木淳、鈴鹿芳康
関島寿子、宋 光翼、孫 雅由、武内貴子、田坂須美子、谷川鶴子、椿操、仲間伸恵
中野恵美子、松尾伊知郎、三木悦子、村田篤美、文芝瑛、柳和暢、山崎直秀、湯之原淳
Antra Augustinovica、Federica Luzzi、Jean Michel Letellier、Jeannine De Raeymaecker
JO YoungheeLEE Keunsoo、Mireya Samper、Nakamura Miki、Nikki van Es
Rober Burton、SIM Seonga、TAKAHARA Naoya

 

【ワークショップ&バスツアー】 <要事前予約>

「紙でつなごうビジュツとコウゲイ!まなびひろがる八女和紙ワールド」
かご作家の関島寿子さん(本展出品作家)と八女市在住の美術家 牛島智子さんといっしょに過ごす2日間。ケンビでの紙を素材にしたワークショップと、手漉き和紙の産地でもある八女を巡るバスツアーとで、あなたの「紙」観をとかします。
日時:10月17日(土)、18日(日)(2日間、宿泊ではありません)
助成:美術館連絡協議会

詳細はコチラ→ http://fukuoka-kenbi.jp/blog/20150921_kenbi6198.html

【クロストーク】

「『ネクサス―紙による表現』について」
本展開催のきっかけである「ネクサス―紙による表現」展(於:共星の里)について本展出品作家でもあるネクサス展実行委員のメンバーがお話しします。
話者:石井香久子、松尾伊知郎、文芝瑛、栗田融、くろきみつる
日時:11月14日(土) 14:00~
場所:福岡県立美術館 4階 視聴覚室
参加費:無料

【ワークショップ】<要事前予約> 【定員満了】

「新聞紙に咲く花<ペーパーローズ>を作ろう!」 【定員満了】
新聞紙でバラの花を作る<ペーパーローズ>作りを通して3R(Reduce[減少]、Reuse[再利用]、Recycle[再生])について実践しつつ、身近な紙・新聞紙の魅力も掘りおこします。
共催:3R Art 福岡
講師:3R Art ペーパーローズ プロジェクト メンバー
日時:10月31日(土) ①10:30~、②14:00~
定員:各回10名 参加費:無料
場所:福岡県立美術館 4階 視聴覚室

「実践!帙作り!!
~紙製の帙(書物を保存するための覆い)を作りながら本の保存について知ってみよう~」 【定員満了】
古代中国の時代から書物を守るために使われてきた「帙」は現代の図書館でも大活躍しています。紙を用いた簡易帙を作って本の保存と紙のチカラについて学んでみよう。
講師:福岡県立美術館美術図書室司書
日時:10月24日(土) ①10:00~ ②14:00~
定員:各回4名 参加費:300円
場所:福岡県立美術館 4階 美術図書室
持ってくるもの:お気に入りの文庫本

*参加申し込みは電話かFAX、またはE-mailで①参加者名、②連絡先、③年齢をお知らせください。先着順で受付いたします。(Tel:092-715-3551、Fax:092-715-3552、E-mail:fpart-g@lime.ocn.ne.jp)

【ギャラリー・トーク】

展覧会場にて本展担当学芸員が展覧会の見どころなどについてお話しします。
日時:11月7日(土)、11月21日(土) 14:00~
場所:福岡県立美術館 4階 展示室
参加費:無料、ただし展覧会入場券が必要です。

【工作コーナー】参加無料・会期中いつでも参加可能

「みんなで作ろう紙の絵本」
いろんな紙を使ってみんなで絵本を作ります。誰かが作ったお話しの続きを考えるリレー形式。最後に出来上がるのは長〜い絵本。どんな絵本ができあがるかお楽しみに!
場所:福岡県立美術館 4階 廊下
(制作は11月15日(日)まで、11月17日(火)~11月23日(日)は展示のみ)

 

開催中の展覧会

展覧会
児島善三郎《静物》1949年、当館蔵

コレクション展Ⅰ 特集
児島善三郎と独立美術協会 開催中

  • 会期平成28年5月14日(土)〜
      平成28年9月1日(木)
展覧会

九州二紀展 開催中

  • 会期平成28年6月28日(火)〜
      平成28年7月3日(日)