色彩の奇跡 印象派展
セザンヌ、モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーギャン、マティスなど 印象派とその時代の巨匠たち

  • 会期
  • 平成28年4月16日(土)〜6月5日(日)
  • 休館日
  • 毎週月曜日 ※5月2日(月)は開館します
  • 開館時間
  • 10:00〜18:00 (最終入場は17:30)
  • 会場
  • 3階展示室
  • 料金
  • 一般:1400円 (1200円)  高大生:900円 (700円)  小中生:400円 (200円)
    ※(  )は前売り・20名以上の団体料金
    ※65歳以上(免許証等の年齢を証明できるものを提示)は一般前売り・団体料金
    ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方及びその介護者1名は無料

 

 

 

フィンセント・ファン・ゴッホ《アルルのはね橋》1888年

フィンセント・ファン・ゴッホ《アルルのはね橋》1888年


この度、福岡県立美術館では「色彩の奇跡 印象派展」を開催いたします。本展では、変革の時代を生きた画家たちの芸術への探求をドイツ屈指のコレクションを誇るヴァルラフ=リヒャルツ美術館&コルブー財団(ドイツ、ケルン)が所蔵する日本初公開作品11
点を含む67点の珠玉の名画によりご紹介します。

 

 1874年、フランス、パリで第1回印象派展が開催されました。それまでの絵画の常識を覆すような印象派の作品は、当時の社会に衝撃を与えました。戸外に溢れる光を画家たちは豊かな色彩と自由な筆づかいで表現したのです。社会の急速な近代化は、人々の生活の変化だけでなく身の回りにある事象や自然に対するまなざしをも変えていきました。そのような時代の変化を肌で感じ取った画家たちであればこそ、これまでにない新たな近代美術の扉を開くことができたのでしょう。

 

 本展では、セザンヌを中心に印象派とその時代を展観します。印象派誕生に影響を与えたクールベやバルビゾン派。モネ、ルノワール、ピサロらによって花開いた印象派。そして、印象派以後のゴッホ、ゴーギャンをはじめ、新印象派のスーラ、シニャック、ナビ派のドニ、そしてマティス、さらには同時代のドイツで活躍した印象派のリーバーマンなど巨匠たちの名画をお楽しみいただけます。

 

ポール・セザンヌ《洋梨のある静物》1885年頃

ポール・セザンヌ《洋梨のある静物》1885年頃

========================================================================================
「色彩の奇跡 印象派展」オフィシャルサイト
http://inshouha.com/index.html  (←クリックすると移動します)
「イラストで分かる印象派の画家たち」
http://www.tnc.co.jp/inshouha/      (←クリックすると移動します)
========================================================================================

〈福岡県立美術館コレクション展×印象派展コラボイベント〉【終了しました】

講演会「日本近代洋画の流れー印象派受容から独立美術協会まで」
日時:平成28年5月21日(土) 15:00~16:30
講師:高山 百合 (当館学芸員・コレクション展担当)
場所:4階視聴覚室
参加無料
予約なし、定員当日先着80名(14:30から4階視聴覚室を開場し先着順)

【関連イベント】

① 5/3(火・祝) ワークショップ「風景をめぐる光」【終了しました】

①10:00~ ②13:00~ (受付は各回開始30分前から)
講師=進藤 環 氏 (美術家、九州産業大学芸術学部専任講師)
対象=小学生以上
定員=各回15名(要申込)
会場=福岡県立美術館 1階展示室
参加費=800円(本展の入場券が必要)

② 5/5(木・祝) ワークショップ LEGOブロックでゴッホの「はね橋」を作ろう!【終了しました】
①11:00~ ②13:30~ ③14:30~ (受付は各回開始30分前から)
講師=LEGOブロック教室 スコーレ・アソカ
対象=4歳から小学生まで(要保護者同伴)
定員=各回10組(要申込)
会場=福岡県立美術館 1階展示室
参加費無料(本展の入場券が必要)
※当日、ワークショップ会場にLEGOブロックの体験コーナーが設置されます。(こちらのコーナーは参加無料、申込不要)

③ 5/14(土) 米村 典子 氏講演会「風景画の変容 印象派とその前後」【終了しました】
14:00~(開場13:30)
講師=米村 典子 氏(九州大学芸術工学研究院准教授)
定員=70名(要申込)
会場=福岡県立美術館 4階視聴覚室
参加費無料(本展の入場券が必要)

④ 5/20(金) トーク&ディナーショー 林綾野氏による「画家の食卓」【終了しました】
19:00~
講師=林 綾野 氏(キュレーター、アートライター)
会場=西鉄グランドホテル

⑤ 4/20(水)、5/18(水) 学芸員によるギャラリートーク【終了しました】
各回14:00~
会場=福岡県立美術館 3階展示室
参加費無料(ただし当日の入場券が必要)、申込不要

⑥ 4月30日(土) アクロス・ミュージアムコンサート in 県美【終了しました】
第1部 13:30~  第2部 15:00~
会場=福岡県立美術館 2階
参加費無料、申込不要

 

ポール・ゴーギャン《ブルターニュの少年》1889年

ポール・ゴーギャン《ブルターニュの少年》1889年

 

 

モーリス・ドニ《ピンクの教会、ティヨーロワ》1921年

モーリス・ドニ《ピンクの教会、ティヨーロワ》1921年

 

 

ポール・シニャック《コンカルノーの港》1933年

ポール・シニャック《コンカルノーの港》1933年

 

 

ヴァルラフ=リヒャルツ美術館ロゴ(カラー)
This exhibition was conceived by the Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud, Cologne, Germany
全出品作品ヴァルラフ=リヒャルツ美術館&コルブー財団(ドイツ、ケルン)所蔵

 

 

 

 

 

 

 

開催中の展覧会

展覧会
児島善三郎《静物》1949年、当館蔵

コレクション展Ⅰ 特集
児島善三郎と独立美術協会 開催中

  • 会期平成28年5月14日(土)〜
      平成28年9月1日(木)