息を呑む繊細美
切り絵アート展

  • 会期
  • 平成30年4月20日(金)〜6月3日(日)
  • 休館日
  • 月曜 ※ただし4月30日(月・休)及び5月1日(火)は開館
  • 開館時間
  • 10:00〜18:00 (入場は17:30まで)
  • 会場
  • 福岡県立美術館 3階展示室1~3号室
  • 料金
  • 一般:1,200円 (1,000円)  高大生:800円 (600円)  小中生:500円 (300円)
    ※( )内は20名以上の団体料金及び前売料金
    ※小学生未満は入場無料(ただし保護者同伴)
    ※65歳以上(免許証等の年齢を証明できるものを提示)は一般前売・団体料金
    ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者1名、及び特定疾患医療受給者証・特定医療費(指定難病)受給者証の交付を受けている方は無料

倪瑞良「薔薇色の季節」1999年

人々は古くから紙を切り貼りし、窓辺や壁を飾り、生活空間を満たしてきました。
紙を使ったこうした文化はそれぞれの国や自然、歴史の中で熟成され、個性豊かな独自の切り絵文化として成長しました。
「切り絵」には「切り紙」「影絵」など多彩なジャンルがあり、未だにその定義・技法が確立されていません。
しかし、定義されていないということは、無限の可能性もあるということです。
今では「切り絵」という概念を超えた独創的で魅力あふれる作品が数多く誕生しています。

本展では、切り絵専門の美術館である「富士川・切り絵の森美術館」(山梨県身延町)の全面的な協力のもと、日本を代表する切り絵作家11名の作品110点を紹介します。
作家それぞれが独自の感性と手法を駆使し、その作品は観る人を一瞬にして異空間に導きます。
“究極のカミワザ”を心行くまでお楽しみください。

 

【出品作家】

蒼山 日菜 Hina AOYAMA

蒼山日菜「Voltaore(ヴォルテール)」2009年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

井出 文蔵 Bunzo IDE

井出文蔵「一寸法師」2004年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酒井 敦美 Atsumi SAKAI

酒井敦美「春の羽根」2016年 (左)順光 (右)逆光

 

関口 コオ Koh SEKIGUCHI

関口コオ「近松心中物語」2000年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辰己 雅章 Masaaki TATSUMI

辰己雅章「キツネの嫁入り」2008年

 

筑紫 ゆうな Yuna CHIKUSHI

筑紫ゆうな「無題」2016年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

倪 瑞良 Mizuyoshi NII

倪瑞良「光陰の理~ときのことわり~」2006年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

林 敬三 Keizo HAYASHI

林敬三「七人の侍」2009年

 

百鬼丸 Hyakkimaru

百鬼丸「武田信玄」2014年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福井 利佐 Risa FUKUI

福井利佐「carpⅣ 2016」2016年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柳沢 京子 Kyoko YANAGISAWA

柳沢京子「抒情する蛍」1992年