【野十郎展】ワンポイントギャラリートーク開催

野十郎の愛用した画材

野十郎の愛用した画材

「没後40年 髙島野十郎展」では、毎週火曜日に担当学芸員(高山百合)によるワンポイントギャラリートークを開催します。
毎週テーマを変えて皆様に野十郎の魅力を紹介します。明日12月8日(火)は第1回目、テーマは「野十郎の自画像と初期作品」です。
皆様お誘いあわせのうえ、ぜひご参加ください。(新谷)

〈各回の内容〉
第1回:12月8日(火)14:00から「野十郎の自画像と初期作品」
第2回:12月15日(火)14:00から「野十郎がみつめたヨーロッパ」
第3回:12月22日(火)14:00から「移り変わる四季-野十郎が描いた風景」
第4回:1月5日(火)14:00から「対作品―《法隆寺塔》と《雨 法隆寺塔》、《晴と曇》などを中心に」
第5回:1月19日(火)14:00から「小さな宇宙-静物画の魅力」
第6回:1月26日(火)14:00から「交錯する光と闇-太陽・月・蝋燭」

 

カテゴリー

アーカイブ

開催中の展覧会

展覧会
柏崎栄助デザイン《朱漆香水入》1935年頃、《クロトン文色漆小物入》1934-1942年、《ガラス鉢「ゆれる器」》 1970年頃(いずれも福岡県立美術館蔵)

郷土の美術をみる・しる・まなぶ 2020
生きることから──柏崎栄助とデザイン 開催中

  • 会期2021年1月23日(土)〜
      2021年3月14日(日)

Twitter