福岡県立美術館
Fukuoka Prefectural Museum of Art
HOMEへ移動
本日は休館日です
文字サイズ
ホーム > 刊行物

所蔵品図録↓  展覧会図録↓  
グッズ↓  絵はがき↓  購入方法↓


所蔵品図録

福岡県立美術館所蔵品名作50選

福岡県立美術館所蔵品名作50選

500円

福岡県立美術館の所蔵品のエッセンスを知るにはこれがベスト。見開き頁に図版と解説を掲載。1995年発行

福岡県立美術館所蔵品目録

福岡県立美術館所蔵品目録

500円

福岡県立美術館の所蔵品総合目録。1996年発行

福岡県立美術館 コレクション・アルバム 1964-2014

福岡県立美術館 コレクション・アルバム 1964-2014

1,000円

福岡県立美術館30周年記念アルバム。所蔵品から100点をセレクトして収蔵年ごとに掲載。2015年発行

展覧会図録

変貌するイマジネーション vol.Ⅰ

変貌するイマジネーション vol.Ⅰ

500円

(会期 1985.11/3-11/28)
現代作家が競演した福岡県立美術館開館記念展。作家資料編

変貌するイマジネーション vol.Ⅱ

変貌するイマジネーション vol.Ⅱ

500円

(会期 1985.11/3-11/28)
現代作家が競演した福岡県立美術館開館記念展。展覧会ドキュメント編

イメージの風土学

イメージの風土学

500円

(会期:1988.3/19-4/17)
福岡県の作家たちの美意識を風土の視点から考える

日本の絣・展

日本の絣・展

500円

(会期 1989.3/4-3/26)
久留米絣を中心に、日本のみならず世界の絣を紹介

変貌する布

変貌する布

500円

(会期 1990.2/27-3/25)
布や糸などの素材に新しい視点から取り組んだ現在作家たちを紹介

西洋絵画への挑戦

西洋絵画への挑戦

500円

(会期 1991.3/6-3/17)
福岡、佐賀、長崎各県の近代から現代までの洋画の変遷をたどる

上田宇三郎と朱貌社の仲間たち

上田宇三郎と朱貌社の仲間たち

500円

(会期 1992.2/29-3/29)
昭和20年代に福岡市で活動した美術グループを紹介

西国工芸博覧会

西国工芸博覧会

500円

(会期 1992.3/5-3/15)
福岡、佐賀、長崎各県の伝統工芸が明治期にどのように変貌したのかを探る

西瀬戸近代美術展

西瀬戸近代美術展

500円

(会期 1993.10/7-10/31)
瀬戸内海に面した中国四国九州七県、広島・山口・愛媛・高知・福岡・大分・宮崎の県立美術館の所蔵品を紹介

川辺御楯と近代大和絵の系譜

川辺御楯と近代大和絵の系譜

500円

(会期 1994.1/6-2/6)
明治初期、歴史画や物語絵において傑出した存在であった川辺御楯の画業を中心に近代大和絵を振り返る

現代美術の展望 七つの対話

現代美術の展望 七つの対話

500円

(会期 1994.10/5-11/5)
1985年から94年にかけての福岡のアートシーンを7人の現代作家とともに紹介

県展事始め展

県展事始め展

250円

(会期 1999.3/11-3/28)
昭和15年に始まる福岡県展の歴史を、その前史とともに振り返る

斎藤秋圃と筑前の絵師たち

斎藤秋圃と筑前の絵師たち

750円

(会期 2002.1/5-2/3)
筑前・秋月藩の御用絵師であった斎藤秋圃を中心に、「筑前四大画家」と呼ばれた絵師たちも紹介

よみがえる明治絵画

よみがえる明治絵画

750円

(会期 2005.2/5-3/13)
日本初のパノラマ画家であり、福岡で元寇図を数多く描いた矢田一嘯の画業の全貌を初めて紹介

生活の〈かたち〉─豊田勝秋のあゆみに見る昭和の工芸展

生活の〈かたち〉─豊田勝秋のあゆみに見る昭和の工芸展

750円

(会期 2007.1/20-2/25)
豊田の初期から晩年までの作品と活動を回顧するのにあわせて、彼とかかわった多くの工芸家の作品を紹介

柳川・立花家の至宝展

柳川・立花家の至宝展

1,200円

(会期 2009.1/10-2/15)
江戸時代を通じて柳川の地を治めた立花家に伝来する、国宝や重要文化財を含む大名道具を一堂に展観

池田龍雄 アヴァンギャルドの軌跡

池田龍雄 アヴァンギャルドの軌跡

1,500円

(会期 2011.1/29-3/13)
「戦後アヴァンギャルド」世代の一人である池田龍雄。戦後からの60年をこえる仕事を概観するとともに、その間に出会った人との交流を紹介しつつ、時代の軌跡を辿る

糸の先へ いのちを紡ぐ手、布に染まる世界

糸の先へ いのちを紡ぐ手、布に染まる世界

1,500円

(会期 2012.2/4-3/11)
糸や布、繊維を素材に制作を続ける9人と1組の仕事を紹介。伝統工芸からファイバーアートまでジャンルは様々。各作家へのインタビューやエッセイも収録。デザイン:Calamari Inc.

とっとっと? きおく×キロク=

とっとっと? きおく×キロク=

500円

(会期 2014.10/4-11/24)
福岡県文化会館建設50年記念展。出品作家の泉山朗土、今岡昌子、酒井咲帆、寺江圭一朗、菱川辰也、森田加奈子の作品や展示状況を収録

古川吉重 1921-2008

古川吉重 1921-2008

1,300円

(会期 2015.2/7-3/15)
福岡市出身で、戦後おもにニューヨークで活躍した抽象画家。80~90年代の作品を中心に、初期作やドローイング、スケッチなども紹介

九大百年 美術をめぐる物語

九大百年 美術をめぐる物語

1,500円

(会期 2016.10/8-11/13)
九大工学部壁画を制作した青山熊治の作品をはじめ、大学の博士たちの肖像画や大学ゆかりの美術作品を紹介。図録と論集の2冊1組

没後50年 中村研一展

没後50年 中村研一展

1,200円

(会期 2018.2/3-3/11)
宗像出身で戦前戦後の昭和の官展アカデミズムの中軸画家であった中村研一の回顧展。戦争記録画を含めて研一の画業の全貌を紹介

美術のみかた 自由自在展

美術のみかた 自由自在展

2,000円

(会期 2018.12/18-2019.2/5)
平成30年度独立行政法人国立美術館巡回展。国立国際美術館のコレクションを紹介

赤星孝と赤星信子展

赤星孝と赤星信子展

1,600円

(会期 2020.2/1-2/27)
ともに独立美術協会に所属し、戦後の福岡の洋画壇を牽引した赤星孝と赤星信子の画家夫妻の画業を紹介

グッズ

髙島野十郎 絵はがきセット(10枚入り)

髙島野十郎 絵はがきセット(10枚入り)

1,000円  (送料 210円切手)

福岡県立美術館が所蔵する髙島野十郎作品から《りんごを手にした自画像》《蝋燭》《セーヌ河畔》《洋梨とブドウ》《すいれんの池》《境内の桜》《御苑の春》《壺とりんご》《睡蓮》《有明の月》の10点を選んだ絵はがきセット(紙箱入り)。作家解説および各作品の解説付き

クリアファイル(髙島野十郎 《蝋燭》)

クリアファイル(髙島野十郎 《蝋燭》)

300円  (送料 94円切手)

A4サイズのクリアファイル。背景色はベージュ

クリアファイル(髙島野十郎 《こぶしとリンゴ》)

クリアファイル(髙島野十郎 《こぶしとリンゴ》)

300円  (送料 94円切手)

A4サイズのクリアファイル。背景色はピンク

一筆箋(髙島野十郎)

一筆箋(髙島野十郎)

400円  (送料 94円切手)

髙島野十郎の作品をモチーフにした一筆箋。絵柄は《蝋燭》と彼の絶筆である《睡蓮》の2種類

クリアファイル(鹿児島寿蔵《卑弥呼》)

クリアファイル(鹿児島寿蔵《卑弥呼》)

300円  (送料 94円切手)

A4サイズのクリアファイル。背景はピンク

クリアファイル(鹿児島寿蔵《志賀島幻想箕立事》)

クリアファイル(鹿児島寿蔵《志賀島幻想箕立事》)

300円  (送料 94円切手) 

A4サイズのクリアファイル。背景はベージュ

絵はがき

1

1

《鏡の前の立像》

上田宇三郎

紙本着色 1953年

2

2

《代々木の原》

児島善三郎

油彩 1934年

3

3

《海亀図》

尾形家絵画資料

紙本着色 江戸時代

4

4

《雪晴れ》

髙島野十郎

油彩 1958年

5

5

《能面》

坂本繁二郎

油彩 1955年

6

6

《雲井桜》

吉田博

水彩 1899年頃

7

7

《有間皇子》

鹿児島寿蔵

紙塑人形 1978年

8

8

《窓》

古賀春江

油彩 1927年

9

9

《サイゴンの夢》

中村研一

油彩 1947年

10

10

《臼杵 ホキ 勢至菩薩像》

片山攝三

モノクローム・プリント 1954年頃

11

11

《西伊豆》

中村琢二

油彩 1987年

12

12

《車興し》

鹿児島寿蔵

紙塑人形 1957年

13

13

《静物》

児島善三郎

油彩 1949年

14

14

《りんごを手にした自画像》

髙島野十郎

油彩 1923年

15

15

《蝋燭》

髙島野十郎

油彩 1912-26年

16

16

《セーヌ河畔》

髙島野十郎

油彩 1930-32年

17

17

《洋梨とブドウ》

髙島野十郎

油彩 1941年

18

18

《すいれんの池》

髙島野十郎

油彩 1949年

19

19

《境内の桜》

髙島野十郎

油彩 1955年

21

21

《御苑の春》

髙島野十郎

油彩 制作年未詳

22

22

《壺とりんご》

髙島野十郎

油彩 制作年未詳

24

24

《睡蓮》

髙島野十郎

油彩 1975年

25

25

《有明の月》

髙島野十郎

油彩 1961年以降

26

26

《こぶしとリンゴ》

髙島野十郎

油彩 1966年頃

28

28

《三千院の紅葉》

中村琢二

油彩 1957年

29

29

《小犬と女》

中村琢二

油彩 1968年

30

30

《波勝崎》

中村琢二

油彩 1973年

31

31

《仙丈岳を望む》

中村琢二

油彩 1975年

32

32

《卑弥呼》

鹿児島寿蔵

紙塑人形 1966年

33

33

《志賀島幻想箕立事》

鹿児島寿蔵

紙塑人形 1967年

34

34

《濤を鎮むる弟橘比賣》

鹿児島寿蔵

紙塑人形 1972年

35

35

《鹿島の宮の春の宴》

鹿児島寿蔵

紙塑人形 1976年

36

36

《黄耀》

江上茂雄

クレパス 1964年前後

■購入方法について

これらの図録類は、福岡県立美術館の総合案内ならびにコレクション展受付で販売しています。
郵送での購入方法は以下をご確認ください。

〈所蔵品図録、展覧会図録を購入希望の方〉
以下を現金書留で当館総務課までお送りください。
①ご希望の図録名を記入したメモ
②図録代(現金)
③送料 370円(現金)
※図録を複数冊、または他の商品と組み合わせて購入希望の方はお問い合わせください。

〈グッズを購入希望の方〉
以下を現金書留で当館総務課までお送りください。
①ご希望の商品名を記入したメモ
②商品代(現金)
③送料(切手)
※商品を複数、または組み合わせて購入希望の方はお問い合わせください。
(例)クリアファイル 2~3枚の送料は210円切手、4~6枚の送料は250円切手

〈絵はがきを購入希望の方〉
以下を現金書留で当館総務課までお送りください。
①ご希望の商品名を記入したメモ
②商品代(現金)
③送料(切手) 
※絵はがきの送料は、1~4枚 84円切手、5~9枚 94円切手、10~20枚 140円切手
※他の商品と組み合わせて購入希望の方はお問い合わせください。

〒810-0001 福岡市中央区天神5丁目2-1
福岡県立美術館 総務課

ページの先頭に戻る