【型と花と】後期展示は12月22日から

「型と花と」会場風景(前期展示)

「型と花と」会場風景(前期展示)

11月29日から始まりました「型と花と 釜我敏子の型絵染」もいよいよ会期中盤にさしかかろうとしております。釜我敏子の美しい着物の魅力を堪能してもらうとともに、型染のおもしろさやむずかしさを知ってもらうために今回の展示では型紙もたくさん展示し、その他チャレンジングな試みをさまざまに展開しています。着物や工芸に興味のある方もない方もぜひご来場いただき、会場のなかを行きつ戻りつしながら時間を過ごしてもらえればうれしく思います。

さて、12月22日(火)からはいよいよ後期展示。現在展示中の30点の作品のうち約20点が展示替えされて、がらりとちがった眺めになります。すでにご来場いただいた方もその時のチケット半券のご提示で団体料金にてご覧いただけますので、ぜひ足をお運びください。スタッフ全員でみなさんの笑顔やうっとりした顔を楽しみにお待ちしております。(竹口)

*年末年始の休館は12月28日から1月4日まで、年明けは1月5日からの開館になります。

カテゴリー

アーカイブ

開催中の展覧会

展覧会
山口長男「地形」1960年、福岡県立美術館蔵

コレクション展Ⅱ
特集:赤と黒 開催中

  • 会期2020年5月19日(火)〜
      2020年8月2日(日)
展覧会

冬真・真央・芯 作品展 「ココロノナカノココロ」 開催中

  • 会期2020年7月14日(火)〜
      2020年7月19日(日)