野十郎展から印象派展へ

印象派展チラシ(表)_JPEG
先月31日(日)をもちまして、「没後40年 髙島野十郎展」が大盛況のうちに幕を閉じました。

来場していただいた方に話を聞くと、「知り合いに強くすすめられて来ました」と仰る方が多くいらっしゃったことが印象に残っています。そんな熱烈な皆さまの地道な宣伝活動にも支えられて、野十郎さんを全く知らなかった方に「髙島野十郎」という人生と作品を知っていただく機会を持てたことを、とても嬉しく思います。

また、何年も前から「大きな野十郎展をやってください」とお声かけいただいたり、早くも「没後50年展が楽しみです」といったお声をくださったりした皆さまの野十郎さんへの想い、またそれを福岡県立美術館に期待してくださっているということが、本当に有り難い限りです。

会期中お越しいただいた皆さまも、会場に来れずとも陰ながら応援してくださった皆さまも、本当にありがとうございました。

「没後40年 髙島野十郎展」は、このあと目黒区美術館(4/9~6/5)、足利市立美術館(6/18~7/31)、そしてまた福岡に帰ってきて九州芸文館(8/7~9/22)で巡回展示がございます。また見たい!という方や見逃してしまった!という方は、ぜひこの巡回展をご覧ください。 また、「没後40年 髙島野十郎展」オフィシャルサイト(http://www.tnc.co.jp/takashimayajuro40/)とフェイスブックは現在も公開中です!特に、フェイスブックでは、巡回展の情報などを順次お知らせしていきますので、ぜひチェックされてみてくださいね。

当館では現在、コレクション展「あなたの暮らしのための工芸」を開催中ですが、その後2月15日(月)~3月28日(月)の期間は空調設備改修工事のため1ヶ月ほど全館休館いたします。
3月29日(火)からは「あなたの暮らしのための工芸」展が再開、そしていよいよ4月16日(土)には「色彩の奇跡 印象派展」(https://fukuoka-kenbi.jp/exhibition/2016/kenbi6733.html)が開幕いたします!

ドイツ、ケルンのヴァルラフ=リヒャルツ美術館&コルブー財団のコレクションより、日本初公開作品11点を含む67点の名画をご紹介するこの展覧会では、印象派を中心にその時代をたどります。
セザンヌ、モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーギャン、マティスなど巨匠たちの饗宴をどうぞお楽しみに!

ゴッホの《アルルのはね橋》とセザンヌの《洋梨のある静物》が目印の、この展覧会のチラシがそろそろ皆さまのお手元に届くころかと思います。楽しいイベントやお得なチケット情報も載っておりますので、じっくりとご覧いただければ幸いです。なお、2000円のペアチケットは2月29日(月)までの数量限定販売になりますので、ご希望の方はお早めにセブン-イレブンでお求めください。(横山)

 

 

カテゴリー

アーカイブ

開催中の展覧会

展覧会

第61回福岡県医師会文化祭美術展 開催中

  • 会期2019年10月16日(水)〜
      2019年10月20日(日)
展覧会
歌川国貞 錦絵「勧進大相撲興行図」天保15年頃、公益財団法人日本相撲協会相撲博物館蔵

大相撲展福岡
~Oh ! SUMO EXHIBITION~ 開催中

  • 会期2019年10月18日(金)〜
      2019年12月1日(日)
展覧会

郷土の美術をみる・しる・まなぶ 2019
新たな髙島野十郎展―4つのキセキの物語  開催中

  • 会期2019年10月5日(土)〜
      2019年11月24日(日)