【髙島野十郎展】担当学芸員による見どころ解説②

「新たな髙島野十郎展」について、担当学芸員による見どころ解説の第2回目をお届けします!本展覧会のひとつのメインとしてご紹介している、驚異の新発見作品である、もうひとつの《からすうり》(昭和10年作、個人蔵)についてです。新発見の《からすうり》の画像を公開するのも、このブログ記事がまったく初めてになります。展覧会においてはじめて並ぶ、2つの《からすうり》をぜひじっくりと観察してみてください!

*********************************************

現在までに当館が調査した高島野十郎の作品総数は434点です。そして、いまも新たな野十郎の作品情報が入ってきます。近年寄せられた情報で、思いがけない作品として驚かされたひとつが前回ご紹介した《廃墟 横濱南京町》であり、もうひとつが昭和10年作の《からすうり》です。
野十郎の名品として知られた《からすうり》は、昭和49年の野十郎最後の個展で初出品され、没後のいずれの大回顧展でも、欠くことのできない代表作として紹介されてきました。
今回発見された《からすうり》は、画面の上部にサインがあり、カンバス裏面に「昭和十年秋」の書き込みがありました。昭和10年は、野十郎が3年間の欧州滞在を終えて久留米の実家に戻り、滞欧作品を博多の生田菓子舗で陳列した個展開催の年です。本作は久留米の実家の庭に建てた「椿柑竹工房」で描かれた作品と言えます。それを証言する資料が残されています。
彼の親族が椿柑竹工房を訪ねた折のアトリエの様子を書き留めたメモにこうあります。
「秋の頃、カラス瓜が壁につるされていた。壁につるされたカラス瓜と蔓は、もうしなびていたが、絵は活き活きと、まるでモデルとはちがって、絵の方が活きて、本物のような感じがした。」
メモに記された「カラス瓜」の作品が本作だと断定する証拠はありませんが、本作を見ていると「絵の方が活きて、本物のような感じがした」という感想は合点がいきます。この証言に該当するような作品が見つかるとは思ってもいませんでした。まさに奇跡のような発見です。
新発見の《からすうり》は、上部から紡錘型に広がりながら垂れ下がる構図で描かれ、従来の《からすうり》と一見すると同じに見えますが、新発見作のほうが壁の影やカラスウリの実の色調が濃く、筆致も躍動的です。実の集まりが従来作は下方にあるのに対して、新発見作は上方にあり、作品としての重心の違いが微妙な違いを見せています。このよう
に従来作とは違う魅力を新発見作は放っています。
ぜひ、皆さんの目で実際の作品をご覧ください。会期中はふたつの《からすうり》を並べて展示しています。(担当学芸員/西本匡伸)

髙島野十郎「からすうり」昭和10年、個人蔵 *今回発見された新たな作品です。

髙島野十郎「からすうり」昭和23年以降、個人蔵

 

 

【髙島野十郎展】担当学芸員による見どころ解説①

本日10月5日(土)に、「新たな髙島野十郎展」がオープンしました!皆様に展覧会を深く味わっていただくため、本日より会期終了後まで、髙島野十郎展に関する担当学芸員による記事を不定期でアップしていきたいと思います。
第1回目は、本展で初公開となった奇跡の新発見作品《廃墟 横浜南京町》についてです。

*************************************

髙島野十郎「廃墟 横浜南京町」大正12年(1923)、個人蔵

今回の「新たな髙島野十郎展」でぜひともご覧いただきたい作品のひとつが、この作品です。
大正12年(1923)9月1日に発生した関東大震災で被災した横浜の南京町の無残な姿をとらえています。横浜南京町といえば、様々な中華料理店が軒を連ねる中華街として今では知られていますが、震災以前は、欧米人も多い一般的な外国人居留地でした。震災後、中華街へと発展していきました。
当時、野十郎はすでに個展も開き、青年画家として東京で活躍していました。現・渋谷区神宮前に住んでいた野十郎も被害に見舞われたでしょうが、震源地に近く帝都以上に被害が甚大であった横浜にわざわざ出向いて描いたと思われます。あるいは横浜滞在中に震災に遭遇したのかもしれません。
時事的な主題や対象を描いた野十郎の作品は、これまで見つかっていませんでした。太平洋戦争の折にも東京で空襲に遭った野十郎ですが、戦争に関連した作品もありません。
なぜ関東大震災に関わる作品を描いたのか。本作の左上にサインと「sep.1924」の年記があり、描かれたのはちょうど震災1年後になります。年記を画面に書いた野十郎の作品は、本作以外に見つかっていません。震災1年後の鎮魂のメモリアルという意味が含意されていた可能性も考えられます。
移りゆく時代や世相に関わりのない対象を描く野十郎になにがあったのか。謎の多い一枚です。
(担当学芸員/西本匡伸)

【髙島野十郎展】「野十郎カフェ」の参加受付について(申込用紙ダウンロード)

本日より、「新たな髙島野十郎展―4つのキセキの物語」展を開催いたします。
本展の関連イベントとして2019年11月16日(土)に「野十郎カフェ」を開催します。このイベントは、髙島野十郎の作品や生き方について、参加者同士で気軽におしゃべりするというもので
、本日より「野十郎カフェ」の参加申し込みを開始いたします。
会場内に設置している申込用紙あるいは、こちらのHPから申込用紙をダウンロードしていただき、下記の方法のいずれかでお申込みください。申込み締め切りは11月4日(月・休)です。

申込用紙のダウンロードはこちらよりお願いします。
*野十郎カフェ申込用紙(WORD)
*野十郎カフェ申込用紙(PDF)

関連イベント「野十郎カフェ」
日時: 2019年11月16日(土)14:00-16:00
会場: 福岡県立美術館 視聴覚室
参加費: 100円(茶菓代)  定員: 30名(申込多数の場合は抽選します)
申込締切:11月4日(月・休) 当日消印有効

*申し込み方法
◎専用の「野十郎カフェ 申込用紙」に必要事項記入後、以下のいずれかで申込みください。
①展覧会場入口(4階)の受付に手渡す。
②当館宛に郵送する。
(郵送先:〒810-0001 福岡市中央区天神5-2-1 福岡県立美術館 野十郎カフェ係)
③メールに用紙を添付して送付する。
メールアドレス:info(at)fukuoka-kenbi.jp  *(at)は@に置き換えて送付ください。※電話や、専用申込用紙を添付していないメールでは、申込めません。

参加が決まりました方には、当館から11月9日(土)までに参加票を送付いたします。参加が決定した方のみに通知いたしますので、抽選から漏れた方には連絡いたしません。ご了承ください。

髙島野十郎「睡蓮」福岡県立美術館蔵

髙島野十郎展、明日より開催です!

いよいよ明日、10月5日(土)より、「新たな髙島野十郎展」を開催いたします。

*展覧会チラシPDFはコチラ→yajuro2019

皆様のお越しをお待ちいたしております!

髙島野十郎「ティーポットのある静物」福岡県立美術館蔵

カテゴリー

アーカイブ

開催中の展覧会

展覧会

九州産業大学付属九州高等学校造形芸術科 第54期生卒業制作展・令和元年度授業作品展 開催中

  • 会期2019年12月10日(火)〜
      2019年12月15日(日)
展覧会

令和元年度第34回福岡県高等学校総合文化祭写真展 開催中

  • 会期2019年12月10日(火)〜
      2019年12月15日(日)
展覧会
山口睦男「小田部泰久氏」1983年、個人蔵

コレクション展Ⅲ
山口睦男と福岡の美術家たち 開催中

  • 会期2019年11月30日(土)〜
      2020年1月26日(日)

人気のある記事

ケンビブログ

【髙島野十郎展】章解説パネルを公開いたします

「新たな高島野十郎展」にて掲示されている章解説パネルを公開いたします。 会場で文章をじっくり読めなかった方、会場にお越しになれない方は、ぜひこちらをご参照ください。   第1章パネル 第2章…

ケンビブログ

【髙島野十郎展】担当学芸員による見どころ解説②

「新たな髙島野十郎展」について、担当学芸員による見どころ解説の第2回目をお届けします!本展覧会のひとつのメインとしてご紹介している、驚異の新発見作品である、もうひとつの《からすうり》(昭和10年作、個…

ケンビブログ

【髙島野十郎展】「野十郎カフェ」の参加受付について(申込用紙ダウンロード)

本日より、「新たな髙島野十郎展―4つのキセキの物語」展を開催いたします。 本展の関連イベントとして2019年11月16日(土)に「野十郎カフェ」を開催します。このイベントは、髙島野十郎の作品や生き方に…

Twitter