【九大百年】展 国際シンポジウムを開催いたします

  • 開催日
  • 2016-10-15
  • 時間
  • 13:00―17:00
  • 会場
  • 九州大学箱崎キャンパス 旧工学部1階本館大講義室

国際シンポジウムチラシ表大学と美術の可能性を求めて

主催:科研共同研究 大学における「アート・リソース」の活用に関する総合的研究

[開催趣旨]

この秋「九大百年 美術をめぐる物語」展(福岡県立美術館など)が開催されます。九州大学が創立以来百年にわたり、「美術」とどのように関わり、「美術」を通してどのような役割を果たしてきたのかを振り返り、未来への可能性を考える展覧会です。この展覧会の開催に合わせ、大学が「美術」を通してなにができるのか、なにをなすべきなのか、をテーマにシンポジウムを企画しました。躍進目覚しいシンガポールの国立大学の現代美術への取り組み、韓国の大学ミュージアムの活動、また多様な芸術活動を展開する大阪大学の事例に、あわせて九州大学の新しい試みを紹介するとともに、「九大百年」展の成果もふまえながら、大学が「美術」というリソースをどのように活用するのかについて検討し、その可能性と課題について考察したいと思います。

[スケジュール]

13:00~13:30

後小路雅弘/「基調報告:「九大百年 美術をめぐる物語」展から」

13:30~14:20

アンカ・ルジョイユ/「学び続ける組織 The Learning Machine

14:20~14:50

鄭于澤/「韓国の大学博物館の役割―東国大学を中心に」

15:00~15:30

木ノ下智恵子/「芸術の拡張機能と社学連携の可能性」

15:30~16:00

尾本章/「社会にアートをデザインする ~ホールマネジメントエンジニア育成とソーシャルアートラボの可能性~」

16:10~17:00 ディスカッション

皆様のご参加を心よりお待ちしております。