吉田博展関連イベント
アクロス・ミュージアムコンサート in 県美

  • 開催日
  • 2020年11月22日(日) 
  • 時間
  • 〈1部〉13:30~14:00 /〈2部〉15:00~15:30
  • 会場
  • 福岡県立美術館
  • 定員
  • 人数制限あり
  • 料金
  • 参加無料、予約不要


没後70年 吉田博展」関連イベントとして、アクロス福岡と福岡県立美術館が協働し、アートと音楽を同時に楽しむミュージアム・コンサートを開催します。
申込不要、参加無料のイベントになりますので、お気軽にお立ち寄りください。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参加人数を制限させていただきます。あらかじめご了承ください。

【出演】
DIVA

箏とヴァイオリンが出会い、幾重にも和と洋の調和を織りなす「重弦」ユニット。まっさらなキャンパスにゼロから色をのせていく感覚は我々でさえ毎回新鮮!
日々新たな境地へ飽くなき挑戦を続け、日本の曲は勿論、クラッシックから演歌、ポップス、現代曲まで演奏。2016年9月CD「夜想曲」発売。

 

 

みやざき都(筝)
久留米市出身。箏、地唄三絃を吉崎克彦に、25絃箏を野坂惠子に師事。 第2回、第3回賢順記念全国箏曲コンクール、2年連続奨励賞受賞。久留米連合文化会賞受賞。
ソロ活動の他、ヴァイオリン工藤真菜とのデュオ、DIVA(ディ―ヴァ)、マリンバ田代佳代子とのデュオ、木と琴(KotoKoto)、等、洋楽器とのコラボレーションで、邦楽にとどまらず、クラッシック、ジャズ等幅広いレーパートリーで新しい音楽的表現に取り組んでいる。
2016年、工藤真菜とのデュオDIVAでCD「夜想曲」をリリース。2003年から2013年まで10年にわたり筑紫女学園高等学校筝曲部講師をつとめる。
現在、福岡と小郡にてみやざき都 箏・三絃教室主宰。福岡を中心に演奏活動を展開しながら後進の指導にあたっている。

工藤真菜(ヴァイオリン)
東京芸術大学附属音楽高校、同大学卒業。中国ユースコンクール、総合優勝。日本クラシック音楽コンコール、最優秀賞。毎日学生音楽コンクール、第3位。江藤俊哉ヴァイオリンコンクール 第2位。他、ルドルフ・リピッツァ(イタリア)、シュポァ(ドイツ)、等、国外でも入選。
ソリストとして日本フィルハーモニー、神奈川フィルハーモニー、広島交響楽団、芸大・桐朋オーケストラ、Lauオーケストラ(ドイツ)、九州交響楽団と共演。ドイツ・ゾンダーズハウゼンにてマスタークラスディプロマ終了。アイゼナッハ始め6都市から招待されコンサートに出演。アメリカ ボードウィン音楽祭にてソロ、室内楽の両部門でファイナルコンサートに出演。東京都板橋区より芸術賞受賞。
江藤俊哉、田中千香士、ヴォルフガング・マルシュナーに師事。
現在、東京と福岡を拠点にソロ、室内楽、オーケストラ、後進の指導の各分野で活動中。またコンサート企画やイベントへの出演など広く関わっている。


【プログラム】
宮城道雄: 春の海
F.ショパン: ノクターン 第20番 「遺作」
E.ピアフ: 愛の讃歌 ほか
※当日、演奏曲目が変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。