福岡県立美術館
Fukuoka Prefectural Museum of Art
HOMEへ移動
文字サイズ
ホーム > 展覧会・イベント > 展覧会スケジュール > あなたの暮らしのための工芸

コレクション展連続企画 第4弾特集

あなたの暮らしのための工芸

柏崎栄助「貝殻文色漆手箱」1934-42年 当館蔵

柏崎栄助「貝殻文色漆手箱」1934-42年 当館蔵

福岡県立美術館が収集してきた工芸作品を「暮らし」の目線から見直し、また絵画や彫刻を工芸的な視点から眺めてみるとどんな展覧会が広がるでしょう。プロダクトデザインを手がける坂下和長さん(CRITIBA)と学芸員の竹口浩司が握手して、いっしょに美術館を遊んでみます。

本特集は、福岡県立美術館の開館30周年を記念して行うコレクション展連続企画の第4弾にして最後。美術(館)と生活とを結びたいとの想いからこれまで積極的に収集してきた近代工芸やクラフト作品の数々を紹介しながら、これからの美術館のあり方、「あなた」のための美術館の可能性を試してみます。

会場風景などはコチラから
→ http://fukuoka-kenbi.jp/blog/20160124_kenbi6820.html

 

◆クロストーク 
5月8日(日)午後4時から 当館4階視聴覚室にて(参加無料)
坂下和長さん(CRITIBA/デザイナー)と本展を企画し竹口浩司が展覧会を振り返り、デザインと工芸と美術館について語ります。

◆ギャラリートーク
毎週土曜日午後2時から 展示室にて(参加無料/ただし展覧会チケットが必要)
学芸員が展覧会の見どころなどを週替わりでお話しします

***以下のイベントは終了しました***

◆キュレイターズトーク 
1月30日(土)午後4時から 当館4階視聴覚室にて(参加無料)
竹口浩司(当館担当学芸員)が語る「“用の美”再考」

◆デザイナーズトーク
2月13日(土)午後4時から 当館4階視聴覚室にて(参加無料)
坂下和長さん(CRITIBA/デザイナー)が語る「“自分”と“モノ”の距離感」

 

 

*1月23日から2月14日まで開催していた本展は、2月15日からの空調設備の改修工事に伴い一旦終了し、3月29日から再開します(~5月8日)。

前のページへ戻る
ページの先頭に戻る