コレクション展「特集:現代美術 “いま・ここ”を巡って」連動企画
あること

  • 会期
  • 2015年7月14日(火)〜7月26日(日)
  • 開館時間
  • 10:00〜18:00 (入場は17:30まで)
  • 会場
  • 福岡県立美術館 1階展示室
  • 料金
  • 無料

坂井存「Take Take 2012」Biennal Regard Benin(参考図版)

福岡を拠点に活動している3人の美術家(坂井存、坂崎隆一、三輪恭子)とともに「あること=在ること/或ること」をめぐる場をつくります。三人三様の作品が一つの場に集まるのではなく、三人が三様のアプローチで一つの場と対話します。
なお本展は、当館4階展示室で開催される開館30周年記念 コレクション展連続企画第3弾「特集:現代美術 “いま・ここ”を巡って」(6/13-9/3)との連動企画でもあります。*会期は変更する可能性があります。

 

会期中にあること
1)坂井存によるパフォーマンス  7月19日(日)15時から
2)坂井存、坂崎隆一、三輪恭子によるトーク  7月25日(土)15時から
3)夜間観覧(18時~20時) 7月17日(金)、24日(金) *ただし「あること」のみ観覧可能

「あること」Facebookページ
→ https://www.facebook.com/arukoto

テキスト:「あること」に向かって
担当学芸員 竹口浩司による企画にまつわる思考の断片
→ テキスト_「あること」に向かって (pdfで開きます)

 

出品作家

坂井存
SAKAI Zon

1948年 福岡県に生まれる
1971年 日本大学 卒業
1999年 ストリートパフォーマンス《重い荷物》を始める
現在は福岡県久留米市に在住

個展
1997年 「Z・SAKAI エントロピ-展」modern art bank wald(福岡)
1999年 「増大するエントロピー 私の内と外」久我記念美術館(福岡県糟屋郡)
1998年 「増大するエントロピー」福岡市美術館
2001年 「突発性美術症候群・団塊の危機的状況」modern art bank wald
2004年 「JUSTICE/正義」modern art bank wald
2005年 「LIFE/命」modern art bank wald
2008年 「重い荷物 2000-2007」北九州市立旧百三十銀行ギャラリ-
2011年 「放射性重い荷物」wald art studio(福岡)
2014年 「老人性美術症候群」wald art studio

主なグループ展
2000年 「宮司ア-ト参道プロジェクト」福岡県福津市
2000年 「ミュージアム・シティ・福岡 2000」福岡市内各所
2003年 「福・北美術往来」福岡市美術館・北九州市立美術館
2006年 「International Festival of Performance Art 7a*11day」トロント(カナダ)
2009年 「街じゅうア-ト in 北九州2009」北九州市各所
2012年 「Biennale Regard Benin」コトヌー/ベナン共和国
2013年 「福岡現代美術クロニクル 1970-2000」福岡市美術館・福岡県立美術館
2014年 「FOLOW」京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA

個展(1998年、福岡市美術館)

個展(1998年、福岡市美術館)

2001年、国会議事堂前

2001年、国会議事堂前

 

坂崎隆一
SAKAZAKI Ryuichi

1967年 熊本市に生まれる
1990年 USIA(United State Information Agency)奨学金にて渡米(~1991)
現在は福岡県古賀市に在住

個展
1990年 (ベイブルック アッパーズ ギャラリー/熊本)
1993年 「DO NOT ENTER」天画廊(福岡)
1994年 「DO NOT ENTER」ギャラリーQ(東京)
1995年 「10.MAR.1945 B29S OVER TOKYO」佐賀町エキジビットスペース(東京)
1996年 「TO TALK EQUALLY」G SPACE(福岡)
2005年 「長い長い箸のはなし」福岡県立美術館
2009年 「豊かさの距離」千草ホテル(福岡県北九州市)
2012年 「After an exhibition」九州日仏学館(福岡)

主なグループ展
1989年 「イムズ芸術祭〈九州コンテンポラリーアートの冒険vol.1〉」イムズ(福岡)
1990年 「ミュージアム・シティ・天神」福岡市天神各所
1994年 「現代美術の展望 ’94 FUKUOKA 七つの対話」福岡県立美術館
1996年 「美術の内がわ・外がわ」板橋区立美術館(東京)
1999年 「日本近代美術史・三篇のエッセイ:見ることの座の復権」西宮市大谷記念美術館(兵庫)
2001年 「アートにであう秋vol.3 もてなし/障碍の茶室」福岡県立美術館
2003年 「福・北 美術往来」福岡市美術館・北九州市立美術館
2013年 「福岡現代美術クロニクル 1970-2000」福岡市美術館・福岡県立美術館
2014年 「大隈アートマジック」旧大隈小学校ほか(福岡県嘉麻市)

坂崎隆一「Peeping」1994年

「Peeping」(福岡県立美術館でのインスタレーション)1994年

 

三輪恭子
MIWA Kyoko

1982年 宮崎県に生まれる
2005年 福岡教育大学 教育学部生涯スポーツ芸術課程 卒業
2007年 福岡教育大学大学院 教育学研究科 美術教育専攻 修了
現在は福岡市在住

個展
2010年 「三輪恭子個展」共同アトリエ3号倉庫(福岡)/Gallery-58(東京)
2010年 「三輪恭子個展 密やかな結晶」千草ホテル(福岡県北九州市)
2013年 「三輪恭子個展」ギャラリーとわーる(福岡)/Gallery-58(東京)

主なグループ展
2010年 「ARITA-mobile~場所を紐解く方法論として~」富右衛門窯(佐賀)
2010年 「Busan&Fukuoka Exchange Exhibition」Art in Nature(釜山・韓国)
2011年 「10th Anniversary Exhibition “first decade”」共同アトリエ3号倉庫(福岡)
2011年 「まちなかアートギャラリー福岡2011」福岡市役所ふれあい広場
2014年 「2014 イチハナリアートプロジェクト」伊計島(沖縄)
2014年 「大隈アートマジック」旧大隈小学校ほか(福岡県嘉麻市)

「裏庭」2013年

「裏庭」2013年

伊計島でのインスタレーション、2014年

伊計島でのインスタレーション、2014年