福岡県立美術館
Fukuoka Prefectural Museum of Art
HOMEへ移動
文字サイズ
ホーム > 展覧会・イベント > 展覧会スケジュール > 生誕120年 中村琢二 瑞々しき…

コレクション展Ⅰ 特集

生誕120年 中村琢二 瑞々しき画布の輝き

中村琢二「波勝崎」1973年、当館蔵

中村琢二「波勝崎」1973年、当館蔵

自然の中で絵を描くことの素朴な喜びを、瑞々しい筆致で表現した洋画家・中村琢二(1897-1988)の作品を中心に特集いたします。琢二は、現在の福岡県宗像市で少年時代を過ごし、県立中学修猷館在学中に児島善三郎(1893-1962、独立美術協会)や兄の中村研一(1895-1967、日展)らとともに絵画同好会に所属して絵の魅力に触れることとなりました。東京帝国大学卒業後に、兄の勧めで画家を目指すこととなり、安井曾太郎に師事します。師の画風を受け継いで、写実を基本にしながらも柔和な雰囲気を保ち、兄のがっちりとした造形とは違う独自な画風を磨きました。風景や人物を対象に明快で歯切れの良い爽やかな画風は広く人々に愛好され、兄同様に戦後に日本芸術院会員にも選ばれました。
今回の特集展示では、当館所蔵品に加えて宗像市所蔵品で琢二の画業を回顧するとともに、琢二の画業を支える視点から見出される作家たちの作品も併せてご紹介します。琢二の世界から広がる絵の連なりも楽しんでいただければ幸いです。

(担当学芸員/西本匡伸、高山百合)

*他の主な出品作家:髙島野十郎、児島善三郎、中村研一、江上茂雄、田島憲治、森永恭典 [生年順]

関連イベント
【1】トークショウ―コレクション展を数倍楽しむための60分
(1)4月8日(土)14時~「琢二を味わい尽くす」西本匡伸(当館副館長)
(2)5月27日(土)14時~「研一・琢二・善三郎―修猷館から巣立った三ツ星のその後」高山百合(当館学芸員)
(3)6月3日(土)14時~「琢二から広がれ!画家物語あれこれ」中村共子(フリーランサー)×坂崎隆一(アーティスト)×西本匡伸
いずれも4階視聴覚室にて、参加無料、事前申込不要、定員80名

【2】学芸員によるギャラリートーク
毎週土曜日14時より約40分程度(ただし上記トークショウの日を除く)

 

中村琢二「小犬と女」1968年、当館蔵

中村琢二「小犬と女」1968年、当館蔵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前のページへ戻る
ページの先頭に戻る