福岡県立美術館
Fukuoka Prefectural Museum of Art
HOMEへ移動
文字サイズ
ホーム > 展覧会・イベント > 展覧会スケジュール > 昭和戦前期の美術ー時代を映す…

コレクション展Ⅰ 特集

昭和戦前期の美術ー時代を映す鏡ー

上田宇三郎「振袖の女性」昭和10年(1935)、当館蔵

このたびのコレクション展では、主に昭和戦前期(1926~1945)の約20年間に生み出された美術作品を特集いたします。明治・大正期を経た昭和戦前期は、日本が経済的に豊かになり人々の生活が華やいだ一方で、戦争が人々の生活に大きな影を落とした激動の時代でもありました。そのような「光と影」が交錯する時代であった昭和戦前期を生きた芸術家たちは、どのような生活を送り、どのような時代の雰囲気を感じ取っていたのでしょうか。そしてそれが、鋭敏な感受性を持った彼らの作品にどのように反映されているのでしょうか。

本展覧会では、福岡県立美術館コレクションの洋画、日本画、彫刻、工芸など様々なジャンルの作品を、昭和戦前期の美術を考えるうえで重要ないくつかのテーマに沿って紹介します。そして、「時代を映す鏡」としての美術作品のなかに、昭和の時代精神や文化が持つ特性がどのように表れているのかを探ります。

*学芸員によるギャラリートーク:毎週土曜日14:00~

前のページへ戻る
ページの先頭に戻る