福岡県立美術館
Fukuoka Prefectural Museum of Art
HOMEへ移動
文字サイズ
ホーム > 展覧会・イベント > 展覧会スケジュール > 江上茂雄特集

コレクション展Ⅱ

江上茂雄特集

江上茂雄「べにいろの雲」1964年前後、当館蔵

クレヨンやいわゆる「クレパス」と呼ばれるパス、水彩、鉛筆といった画材は、一度は手にしたことがある身近な画材ではないでしょうか。風景画家・江上茂雄(1912-2014)は、大牟田・荒尾という自身の身の回りの風景をそれらの画材を用いて描きました。特にクレヨン・パスは、江上の画業を語るうえで欠かすことができない大切な画材です。ひとたび江上の作品を目にするとその身近な画材に対するイメージは覆されることでしょう。
身近な風景に源泉を見出し、傍らにある画材で描き続けた江上の「壮大な」世界観をぜひ会場でご覧ください。

【小特集】
2019年5月に亡くなられた久留米市出身の彫刻家・豊福知徳氏(1925-2019)の追悼展示を行います。
当館が所蔵する豊福氏の作品の他、氏にゆかりある作品も併せて展示します。

【関連イベント】
・夏休みワークショップ2019 「作品みるみるプロジェクト!絵にする感想文」 ※終了しました

日時:7月23日(火)~7月28日(日)、7月30日(火)~8月1日(木) 各日13:30から(2時間半程度) 各日同内容
会場:当館1階展示室
対象:小学生以上、大人の方もぜひご参加ください。 ※未就学児は保護者同伴で参加可
定員:各回5名程度 ※予約優先
料金:材料費100円 ※ただしコレクション展の入場料(団体料金)が別途必要


・学芸員によるギャラリートーク(予約不要)

日時:毎週土曜日14:00から(40分程度)
会場:当館4階展示室
料金:無料(要入場券)

江上茂雄《夕立ちの後》1962-62年頃 クレパス・紙 福岡県立美術館蔵
江上茂雄《習作》1927年 水彩・紙 福岡県立美術館蔵
江上茂雄《母の赤きタンス2》1932年 水彩・紙 福岡県立美術館蔵
江上茂雄《雪降る》1960年前後 クレパス・紙 福岡県立美術館蔵
江上茂雄《黄耀》1964年前後 クレパス・紙 福岡県立美術館蔵
江上茂雄《水源地風景》1960年前後 クレヨン・紙 福岡県立美術館蔵
江上茂雄《「私の鎮魂花譜」シリーズより》1938年頃-68年前後 鉛筆・紙 個人蔵
江上茂雄《炭鉱線のみえる風景》1991年5月 水彩・紙 福岡県立美術館蔵
前のページへ戻る
ページの先頭に戻る