ウォルト・ディズニー・アーカイブス展
~ミッキーマウスから続く、未来への物語~ 開催中

  • 会期
  • 2019年4月19日(金)〜6月16日(日)
  • 休館日
  • 月曜 ※ただし、祝休日の場合はその翌平日
  • 開館時間
  • 10:00〜18:00 ※入場は閉館の30分前まで ※5月25日(土)は20:00まで開場
  • 会場
  • 福岡県立美術館 3階展示室
  • 料金
  • 一般 1,500円(1,300円)
    高大生 1,200円(1,000円)
    4歳~中学生 800円(700円)
    ※( )内は20名以上の団体料金、ディズニー★JCBカードをお持ちの方のご優待料金
    ※3歳以下は入場無料
    ※65歳以上(免許証等の年齢を証明できるものを提示)は一般団体料金
    ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者1名、及び特定疾患医療受給者証・特定医療費(指定難病)受給者証の交付を受けている方は無料

米国「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」。そこは、ディズニーの才能豊かな人々のイマジネーションによって生み出された数々の作品に関する貴重な資料と、その作品に込められた情熱やエピソードが集まる、夢と創造の宝庫です。
本展は、まるでアーカイブスの中に入ったかのような体験をお届けする展覧会です。今回展示されるのは、ウォルト・ディズニー・アーカイブスの膨大なコレクションから厳選された、日本初公開を含む約420点のアイテムたち。その背景にある人々の想いや知られざるエピソードと共にご紹介します。また、会場内には一部コレクションを撮影いただけるコーナーもご用意。
ミッキーマウスからはじまるディズニーの創造の軌跡と未来へつながる夢の世界をお楽しみください。

展覧会公式サイト https://www.disney.co.jp/eventlive/waltdisneyarchives.html

ウォルト・ディズニー・アーカイブスとは?
カルフォルニア州バーバンクに、ウォルト・ディズニーとウォルト・ディズニー・カンパニーに関する資料の収集、保存、調査部門として1970年に設立。コレクションは多岐に渡り、ディズニーの歴史全般をカバーしており、キャストメンバー、社員、アトラクションの製作を担うイマジニアや外部の研究者は、アーカイブスを訪れて学び、ディズニーの魔法を今そして未来にいかしています。

掲載画像はすべて©Disney

【福岡会場のスペシャルコンテンツ、3Dホログラム「ミッキーと魔法の部屋」】
ミッキーマウス90周年の記念すべき年に、未来への新しい体験として、3Dホログラムを使ったミッキーマウスが登場します。これは、本展覧会で展示しているミッキーのスクラップブックからインスピレーションを得て誕生したオリジナルコンテンツです。
福岡会場が初のお披露目となります。 写真も動画も撮影OKです。ここでしかできない貴重な体験をお持ち帰りください。

3Dホログラム「ミッキーと魔法の部屋」映像シーン

3Dホログラム「ミッキーと魔法の部屋」全体イメージ

ウォルト・ディズニー・アーカイブスのロビーにある巨大なショーケースを再現

ウォルト・ディズニーが在りし日に使用した仕事場を細部にわたって再現

アニメーターズ・デスク

「ホーンテッド・マンション」の有名なヒッチ・ハイクする3体のゴースト

『美女と野獣』からベルと野獣のダンスシーンで着用された美しい衣装

『美女と野獣』 使用された表情に注目のキャラクター・モデル

東京会場の展覧会グッズ販売コーナー