コレクション展Ⅲ
特集:風景に遊ぶ

  • 会期
  • 2020年10月3日(土)〜
    2021年1月17日(日)
  • 休館日
  • 月曜 ※ただし祝休日の場合はその翌平日、年末年始【2020年12月28日(月)~2021年1月4日(月)】
  • 開館時間
  • 10:00〜18:00 (入場は17:30まで)
  • 会場
  • 福岡県立美術館 4階展示室
  • 料金
  • 一般:210円 (170円)  高大生:140円 (110円)  小中生:60円 (50円)
    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※次の方々は入場無料=65歳以上の方/身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方及びその介護者/教職員が引率する小学校・中学校・義務教育学校・高等学校・中等教育学校・特別支援学校の児童・生徒及びその引率者/土曜日来館の高校生以下の方

風景は美術の主要な題材のひとつです。
画家たちは豊かな自然や麗しい街角を、ときにはそこに生きる人々の営みの姿とともに描いてきました。
また風景に託しながら、自己の表現の新たな開拓にも取り組んできました。
風景を巡る多様な展開を、絵画を中心にご紹介します。

中村琢二「ソウルの丘」1970年、福岡県立美術館蔵