福岡県立美術館
Fukuoka Prefectural Museum of Art
HOMEへ移動
文字サイズ
ホーム > 展覧会・イベント > 展覧会スケジュール > 豊福知徳寄贈記念展 光の探求

郷土の美術をみる・しる・まなぶ2021

豊福知徳寄贈記念展 光の探求

博多港に建つ赤い引揚記念碑「那の津往還」(1996)を制作した豊福知徳(1925-2019、久留米市生まれ)は、1960年の第30回ヴェネチア・ビエンナーレに出品した後、約40年間にわたってイタリア・ミラノを拠点に活動した世界的な彫刻家です。豊福は、異国に身を置きながら、自身の感性を研ぎ澄まし、独自の表現を確立しました。
本展では、昨年度、一括寄贈を受けた作品を中心にご紹介し、そのたぐいまれなる表現の世界に迫ります。

豊福知徳《光の探求 ’89-1》1989年 福岡県立美術館蔵 撮影:遠江晃(Photo Office Tonoe)
前のページへ戻る
ページの先頭に戻る