「未来をデザインする美術館」はじまります

 

メインイメージ

2014年1月7日(火)から、田川市美術館で移動美術館展「未来をデザインする美術館」がはじまります。

福岡県立美術館の所蔵作品を各地で紹介する移動美術館展。今回のテーマは”デザイン”です。

出品作品リスト(PDF)

ポスターやパッケージから、絵画や染織、漆芸、陶磁、金工まで、ケンビのさまざまな作品を通して、いろいろな”デザイン”をご紹介します。「”デザイン”って何だろう?」という人も、「”デザイン”大好き!もっとたくさん見たい知りたい考えたい」という人も、きっと何かが見つかるはず。ぜひ、一度、足を運んでみてください。(M.F)


”デザイン”の世界を旅する道しるべとなるワークシート。デザインをみて、デザインして、デザインから考えて、展覧会を楽しもう!

平成25年度福岡県立美術館所蔵品巡回展
  移動美術館展「未来をデザインする美術館」
【会期】平成26年1月7日(火)〜2月9日(日)
【会場】田川市美術館 → http://www.joho.tagawa.fukuoka.jp/bijyutu/
【料金】一般:210円 (160円)   *( )内は20名以上の団体料金。
高校生以下は無料。

江上茂雄展で思い出すことなど

★P1010357

当館での江上茂雄展が11月10日に終わった後、大牟田市立三池カルタ・歴史資料館での江上茂雄展も先日12月8日に終わり、すでに9月に終わった田川市美術館とあわせて県内3か所での江上茂雄展がすべて終了しました。ありがとうございました。

福岡ケンビでの会場写真をすこし整理しました。会期中の対話や溜息、涙が思い出されるようです。

★P1010413

★P1010370

★P1010377

★P1010391

★P1010476

★P1010470

★P1010433

★P1010498

ちなみにこの展示会場は、展覧会担当の私の「ああしたい、こうしたい」という気持ちを空間デザイナーの坂崎隆一さんが形として具体化し、みごとに実現してくれました。(竹口)

県美で楽しむ『軍師官兵衛』

来年1月から、大河ドラマ『軍師官兵衛』が始まります。福岡県内では“官兵衛ゆかりの地”として、様々な関連イベントが行われています。

美術図書室でも、官兵衛や黒田家に関する書籍資料の展示を行っています。歴史書だけではなく、黒田家関連の展覧会図録も一緒に展示しています。県美でも『軍師官兵衛』をお楽しみください。DCF00768.JPG

開催中の『コレクション展Ⅲ 美を寿ぐ』に関連した資料や、2012~2013年に福岡県内で開催された展覧会の図録も同時に展示しています。DCF00773.JPG
師走の慌ただしい時期ですが、たまには県美でゆっくり美術鑑賞や読書を楽しんでみませんか?(F)

今日はスクール・ミュージアム事業(アートコース)で中学生が来館しました。

IMG_0048

今日は飯塚市立幸袋中学校1年生のみなさんが来館しました。特集Ⅲ「美を寿(ことほ)ぐ」を鑑賞しました。この展覧会は、おめでたいことを喜ぶ、お祝いする「寿ぎの美」をテーマに絵画、陶器、染色など当館のコレクションを紹介しています。中学生のみなさんはお祝いとして誰かに贈りたいものを1つ選び、友達や先生、県美の職員に紹介するなど、いつもとは違った作品鑑賞を行いました。

「ぼくはこの梅の絵をおばあちゃんに贈りたいです。おばあちゃんの家には梅の木があって、おばあちゃんはその梅の木をとても気に入っています。おばあちゃんにはこの梅の絵を贈り、新年を迎えてほしいです。」という言葉を聞いて、子どもたちのやさしさに心が温まりました。

このように当館では、学校の児童生徒に鑑賞プログラムを提供しています。スクール・ミュージアム事業など詳細をお知りになりたい方は、県立美術館普及課まで。(松藤)

カテゴリー

アーカイブ

開催中の展覧会

展覧会

福岡県立太宰府高等学校芸術科(美術・書道) 第32回卒業制作展 開催中

  • 会期2020年1月21日(火)〜
      2020年1月26日(日)
展覧会
山口睦男「小田部泰久氏」1983年、個人蔵

コレクション展Ⅲ
山口睦男と福岡の美術家たち 開催中

  • 会期2019年11月30日(土)〜
      2020年1月26日(日)

人気のある記事

ケンビブログ

「おとない -Sound/Visit-」展(2020.1.15~1.19)

「おとない -Sound/Visit-」展(2020.1.15~1.19) 【出品作家】 生島国宜、Eri Tsutsumy、城一裕、duenn、monogs 2020.1.19 15:00~ ライブ…

ケンビブログ

【髙島野十郎展】章解説パネルを公開いたします

「新たな高島野十郎展」にて掲示されている章解説パネルを公開いたします。 会場で文章をじっくり読めなかった方、会場にお越しになれない方は、ぜひこちらをご参照ください。   第1章パネル 第2章…

ケンビブログ

【髙島野十郎展】担当学芸員による見どころ解説②

「新たな髙島野十郎展」について、担当学芸員による見どころ解説の第2回目をお届けします!本展覧会のひとつのメインとしてご紹介している、驚異の新発見作品である、もうひとつの《からすうり》(昭和10年作、個…

Twitter