【印象派展】4月30日(土)はアクロス・ミュージアムコンサートを開催

フルート&ハープ「アイノオト」 - コピー6月5日まで開催中の「色彩の奇跡 印象派展」。関連イベントとしまして、4月30日(土)に「アクロス・ミュージアムコンサート in 県美」を開催します。

今回は森山仁美さんと永田育代さんによるフルート&ハープユニット「アイノオト」をお招きし、「色彩の奇跡 印象派展」をイメージしたプログラムを演奏していただきます。
詳しいプログラムは以下で公開しておりますので、ぜひチェックされてみてくださいね。
https://fukuoka-kenbi.jp/event/2016/kenbi6935.html  (←クリックすると移動します)

予約不要、参加無料のイベントですので、お気軽にお立ち寄りください。会場は福岡県立美術館2階ロビー、第1部は13:30~、第2部は15:00~の開演です。みなさまのご来場をお待ちしております。(横山)

【印象派展】イラストでわかる 印象派の画家たち

4月16日(土)に開幕いたしました「色彩の奇跡 印象派展」。展覧会をより楽しくわかりやすくご紹介するべく、このたび、「イラストでわかる 印象派の画家たち」というページが公開されました。
http://www.tnc.co.jp/inshouha/  (←クリックすると移動します)

こちらのページでは、セザンヌ、モネ、ゴッホ、ゴーギャン、ルノワールの本展出品画家5人のキャラクターイラストを使い、「印象派とはなにか?」「この画家たちはどんな人生を歩んだのか?」「どんな性格の人だったのか?」といった疑問にわかりやすく答えてくれています。
かわいいですが、とっても充実した内容となっておりますので、ぜひご覧になって展覧会をより楽しんでいただければと思います。

また、こちらのページではCM動画集も公開中。「ゴッホより~ふつうに~ラッセンがすっき~」で話題の芸人・永野さんを起用したCMも必見です!

さらに、お立ち寄りの際には、ぜひ性格診断テストも試してみてください。クリック形式の簡単な質問に答えると、画家たちの誰に似ているかを診断してくれます。

性格診断結果
ちなみに私は「クロード・モネ」タイプでした。モネの絵を見る目が少し変わりそうです。ぜひみなさんもお試しください!(横山)

【印象派展】ギャラリートークを開催しました

6月5日(日)まで開催中の「色彩の奇跡 印象派展」。4月20日(水)に初めての関連イベントとして、学芸員によるギャラリートークを実施しました。

IMG_8129

会場には平日にも関わらずたくさんのお客様にお集まりいただき、担当学芸員・岡部るいによるトークが行われました。
セザンヌの3点の作品にはじまり、印象派に至るまでのクールベやバルビゾン派、そして光や大気を豊かな色彩で表現した印象派の作品の数々。また、続く新印象主義や象徴主義、そしてフォーヴィスムの兆候、さらにはフランス印象派とは一味違ったドイツ印象派。それぞれの時代の作品を目の前にしながら、その流れをたどる1時間ほどの濃密なギャラリートークとなりました。
イベント後のアンケートの中には「くわしく説明してもらって助かった」「学芸員の印象派への愛が感じられた」というご感想もあり、大変ありがたい限りです。

担当学芸員によるギャラリートークは、次回5月18日(水)が最後になります。解説パネルには載せきれなかった内容や構成の意図など、より展覧会を楽しめること間違いなしのイベントになりますので、興味のある方はぜひ狙ってご参加ください。

「色彩の奇跡 印象派展」では40名の画家の67点の作品により、印象派とその時代をご紹介しております。40名の画家の作品を目の前にすると、変革の時代をともに生きた画家たちのつながりと探究心を感じ、その息づかいまで聞こえてくるかのようです。
展覧会はまだはじまったばかり。みなさまお誘いあわせのうえ、どうぞお越しくださいませ。(横山)

【印象派展】4月20日(水)はギャラリートークを開催

IMG_8119

先週の4月16日(土)に「色彩の奇跡 印象派展」が無事開幕を迎えました。
前日4月15日(金)の開会式では、小川洋県知事をはじめ関係各位によるテープカットのあと、67点の珠玉の名画が公開されました。

あす4月20日(水)14:00からは、会場内にて担当学芸員によるギャラリートークを開催します。ギャラリートークでは、セザンヌを起点とし印象派をとりまく時代の流れ、さらには舞台を移したドイツ印象派の特徴など、展覧会の章構成にそってより詳しく、より丁寧に解説してまいります。当日の入場券をお持ちの方は申し込み不要でどなたでも参加いただけます。ギャラリートークは会期中2回のみの実施(第2回は5月18日)になりますので、ご興味のある方はふるってご参加ください。

「色彩の奇跡 印象派展」は、全作品がドイツ、ケルンのヴァルラフ=リヒャルツ美術館&コルブー財団のコレクションです。総勢40名の巨匠たちの作品はいずれも名品揃い。ぜひこの機会をお見逃しなく。(横山)

 

4月11日~4月16日までの貸館情報

現在、県立美術館では美術団体や個人など一般の皆さまに1階の展示室をお貸ししています。

1階展示室 山下俊雄写真展「奥八女星野村」
IMG_7761

自然豊かな星野村。1日2日訪れただけでは触れることの出来ない、生活や風景を捉えたモノクロ写真が展示されています。「ひとびとの生活が確かにある今の星野村を記録したい」という撮影者の想いが伝わってくる写真展です。

みなさまのお越しをお待ちしています。(新谷)

 

4月5日~4月10日までの貸館情報

現在、県立美術館では美術団体や個人など一般の皆さまに1階と3階の展示室をお貸ししています。

1階彫刻展示室 専門学校九州ヴィジュアルアーツ写真学科進級制作展/卒業制作選抜展
IMG_7734
専門学校九州ヴィジュアルアーツ写真学科1年生の学年末写真展と同時に2月に行われた卒業制作展より選抜された作品が紹介されています。学生ならではのみずみずしい感覚をぜひ作品を通して感じてください。

3階1号室 福岡工業大学エクステンションセンター 第14回あとりえ展IMG_7737ところせましと並ぶ作品たち。福岡工業大学の生涯学習講座に通う方総勢50名のグループ展です。年々作品数が増え、指導する先生は、飾るのが大変だとうれしい悲鳴を上げていらっしゃいました。油絵、水彩などなどバラエティ豊かな作品展です。

3階2号室 野口正幸合同生徒作品展
IMG_7738
TNC西日本文化サークル、ギャラリー花うさぎ、アトリエNOGUCHI絵画教室による合同絵画展。2年に1度開催するそうです。

3階3号室 西南学院書道部55周年、中野游山遺作展
IMG_7739創部55周年という節目に西南学園大学書道部OB・OGによる書作展です。併せて中野游山氏の遺作展も同時に開催しています。迫力ある筆の運びを間近でぜひ見てください。

3階4号室 一語一絵 宮本幹太展
IMG_7740宮本幹太さんの個展です。日本画・水墨画に博多弁の誌を書き入れ表現した作品が展示されています。写真に写っているのは宮本さんご本人です。

やっと暖かくなり(今日は暑いくらいでした)、外に出るのが楽しい季節になりました。ぜひ、ケンビに遊びに来てください。(新谷)

 


カテゴリー

アーカイブ

開催中の展覧会

展覧会
江上茂雄「べにいろの雲」1964年前後、当館蔵

コレクション展Ⅱ
江上茂雄特集 開催中

  • 会期2019年6月29日(土)〜
      2019年8月29日(木)

人気のある記事

ケンビブログ

手作り美術新聞

美術図書室では、中学生・高校生たちの手作り新聞を掲示しています。 県美で職場体験を行った生徒のみなさんが、おススメの画家を選んで紹介しています! 作家の生い立ちや、生徒さんの視点で語る作品の魅力など、…

ケンビブログ
近藤 史紀《雨星夜》 第73回県展 日本画部門 福岡県知事賞受賞作品

第73回福岡県美術展覧会(県展)入選発表

第73回福岡県美術展覧会(県展)の入選(入賞者)を発表します。 入賞・入選発表 第73回福岡県美術展覧会の入賞・入選者を発表いたします。下の部門毎のリンクよりご覧ください。また、閲覧にはAdobe社の…

ケンビブログ

テレビ「美の巨人たち」にて高島野十郎の《蝋燭》が紹介されます!

このたび、テレビ東京系の番組「美の巨人たち」において、高島野十郎「蝋燭」(大正期、福岡県立美術館蔵)をメインとしながら、野十郎の画業について紹介する番組が放送されることになりました。 「美の巨人たち」…

Twitter