【コレクション展】トークショーを開催いたします

今週末の6月3日(土)の14時より、現在開催中のコレクション展「生誕120年 中村琢二 瑞々しき画布の輝き」展の関連イベントとして、トークショー「琢二から広がれ!画家物語あれこれ」を開催いたします。フリーランサーの中村共子氏、アーティストの坂崎隆一氏の2人のゲストをお迎えし、中村琢二展を企画した当館副館長の西本匡伸がモデレーター役として開催する本イベント。
建築の仕事をしながらも山岳写真や木版画を手掛け、独自の世界観を追求した森永恭典(1942~2015)や、当館でも過去に企画展を開催し、話題を集めた江上茂雄(1912~2014)など、中村琢二の作品や芸術観に繋がる作家を取り上げながらお話しいたします。ゲストのお二人は、森永や江上とゆかりの深い方々であり、ふたりの作家や制作にまつわるディープなエピソードを聞くことができる絶好のチャンスですので、お誘いあわせのうえ、ぜひともお越しください。参加無料、事前申し込みも不要です。(高山)

*トークショー「琢二から広がれ!画家物語あれこれ」

日時/2017年6月3日(土)14時より
場所/福岡県立美術館4階視聴覚室(定員約80名、参加無料、事前申し込み不要)
出演/中村 共子(フリーランサー)×坂崎 隆一(アーティスト)×西本 匡伸(福岡県立美術館副館長)

10337-001江上茂雄「べにいろの雲」

2017-03-06 18-58 Office Lens - コピー (3)森永恭典「運が悪い日」

【作品貸出】「水辺にて 水をめぐる美術の世界」展

九州芸文館にて、「福岡県立美術館コレクション展 水辺にて 水をめぐる美術の世界」展が開催中です。

「水」をテーマとして、高島野十郎《春の海》(1952年)、児島善三郎《箱根》(1938年頃)など、当館の所蔵作品から絵画、彫刻、工芸など約40点を貸出しております。

会期は5月13日(土)から6月11日(日)までとなっております。さまざまなイベントも開催されますので、ぜひお出かけください。

20170427_09501

福岡ミュージアムウィーク

福岡市では、5月18日「国際博物館」の日にちなんで、「福岡ミュージアムウィーク」を開催しております。今年は5月13日(日)から5月21日(日)まで、市内17の施設が参加して様々なイベントを展開しております。

当館では、4階にて開催中のコレクション展「生誕120年 中村琢二 瑞々しき画布の輝き」展の入場が無料となっております。また、コレクション展クイズを開催しております。もれなく景品がもらえますので、奮ってご参加ください。

20日(土)14時からは、学芸員によるギャラリートークもございます。普段美術館に行く機会がないという方も、ぜひお気軽にお越しくださいませ。

中村琢二「ソウルの丘」1970年、当館蔵

中村琢二「ソウルの丘」1970年、当館蔵

カテゴリー

アーカイブ

開催中の展覧会

展覧会
江上茂雄「べにいろの雲」1964年前後、当館蔵

コレクション展Ⅱ
江上茂雄特集 開催中

  • 会期2019年6月29日(土)〜
      2019年8月29日(木)

人気のある記事

ケンビブログ

手作り美術新聞

美術図書室では、中学生・高校生たちの手作り新聞を掲示しています。 県美で職場体験を行った生徒のみなさんが、おススメの画家を選んで紹介しています! 作家の生い立ちや、生徒さんの視点で語る作品の魅力など、…

ケンビブログ
近藤 史紀《雨星夜》 第73回県展 日本画部門 福岡県知事賞受賞作品

第73回福岡県美術展覧会(県展)入選発表

第73回福岡県美術展覧会(県展)の入選(入賞者)を発表します。 入賞・入選発表 第73回福岡県美術展覧会の入賞・入選者を発表いたします。下の部門毎のリンクよりご覧ください。また、閲覧にはAdobe社の…

ケンビブログ

テレビ「美の巨人たち」にて高島野十郎の《蝋燭》が紹介されます!

このたび、テレビ東京系の番組「美の巨人たち」において、高島野十郎「蝋燭」(大正期、福岡県立美術館蔵)をメインとしながら、野十郎の画業について紹介する番組が放送されることになりました。 「美の巨人たち」…

Twitter