【コレクション展Ⅰ 特集: 野見山暁治の水彩・素描】展をホームページ上で公開します 【 4 】

当館ホームページ上で「コレクション展Ⅰ特集: 野見山暁治の水彩・素描」展について順次公開してまいります。

*本展は、3月14日から5月10日までの会期を予定していたものです。
現在当館は、臨時休館を終了し、5月18日から8月2日まで「コレクション展Ⅱ 特集:赤と黒」を開催しています。

 

◆ コレクション展Ⅰ 特集:野見山暁治の水彩・素描   【 4 】

1-2  終戦、そして筑豊

1948年、野見山は再び上京します。しかし、生まれ故郷の福岡県飯塚の炭鉱の風景に心惹かれ、初期の代表的作品ともなる「廃坑」の連作に取り掛かります。

「青年になって東京へ移り、美校を卒業し、何年も離れていた自分の家に帰り、今まで気付かなかった人工的な炭鉱の風景に非常に逆に魅せられた。この冷たい人工的な風景が郷愁としてあるのか、作られた自然が性格的に好きなのか自分ではよく解らない。」

それまで興味を持つことがなかった風景が、セザンヌを知り、そして対象を幾何学の形でとらえるキュビスムに傾倒していく中で、郷里の炭鉱の風景は異なって見えたと言います。また、炭鉱の風景を描く際には、鉛筆が適した画材だったとも述べています。
上記2つ並んだ作品を見比べるとお分かりいただけるように、油彩画の下絵として描かれたものです。

油彩画に仕上げられた作品の中から、1951年第15回自由美術協会展で《廃坑(A)》のほか2作品が入賞を果たし初期の代表作となりました。日本での評価を得た野見山ですが、ついに長年希望していたフランスへと渡ります。(岡部)

つづく  【 5 】

前回【 3 】は、こちら

カテゴリー

アーカイブ

開催中の展覧会

展覧会
山口長男「地形」1960年、福岡県立美術館蔵

コレクション展Ⅱ
特集:赤と黒 開催中

  • 会期2020年5月19日(火)〜
      2020年8月2日(日)