福岡県立美術館
Fukuoka Prefectural Museum of Art
HOMEへ移動
文字サイズ
ホーム > 今週のけんび(2021/2/23~2/28…

今週のけんび(2021/2/23~2/28)

今週の福岡県立美術館は、
4階展示室では、「郷土の美術をみる・しる・まなぶ2020 生きることから──柏崎栄助とデザイン」(~3月14日(日))を、
4階廊下の髙島野十郎特設コーナーでは、《奈良薬師寺》、《蝋燭》など6点を展示中です。

今週の貸展示室は、3つの展覧会をを開催中です。
まず、1階展示室は「田中愛己個展 田中孝林個展」(~2月28日(日))。
本展は印鈕作家・書家の田中愛己(ちかき)さんと画家の田中孝林(たかき)さん兄弟の個展同時開催です。
会場には、古獣をモチーフにした印鈕作品や、木漏れ日が描かれた油彩作品が並びます。

次に、3階展示室1は「第53回 九州女子大学卒業書作展」(~2月28日(日))。
九州女子大学書道履修生による書道展です。
本展では「不羈(ふき/枠にとらわれないこと)」をテーマに、漢字・仮名・漢字かな交じりの3分野で、固定概念にとらわれることなく制作した作品の数々が展示されています。

そして、3階展示室4は「大松美代子・筥崎宮写真展 大熊信雄写真教室・写真展」(~2月28日(日))。
大松美代子さんによる筥崎宮の写真個展と、大熊信雄さんが主宰する写真教室のグループ展の同時開催です。
会場には、大松さんが16年にわたり撮影し続けた筥崎宮の四季の様子や、大熊さんをはじめとした教室メンバーによる風景写真などが並びます。

 

福岡県立美術館では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策に取り組みながら開館しております。
お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、ご来館の際には取り組みへのご協力をよろしくお願いいたします。

ページの先頭に戻る