福岡県立美術館
Fukuoka Prefectural Museum of Art
HOMEへ移動
文字サイズ
ホーム > ケンビブログ > 【コレクション展Ⅰ 宝物のよう…

【コレクション展Ⅰ 宝物のような日常】展の会場風景をホームページ上で公開します 【1】

 当館コレクション展Ⅰ「宝物のような日常」展は、5月23日(日)までの開催予定でしたが、緊急事態宣言を受けて5月11日(火)をもって閉幕しました。展覧会記録として会場風景写真をホームページ上で公開します。

第1章 いつもそこにあるもの
正面の壁面左から坂本繁二郎《能面》1955、中村琢二《小犬と女》1968、児島善三郎《静物》1949、すべて当館蔵

次回に続きます。

ページの先頭に戻る