郷土の美術をみる・しる・まなぶ 2019
新たな髙島野十郎

  • 会期
  • 2019年10月5日(土)〜11月24日(日)
  • 休館日
  • 月曜 ※ただし、祝休日の場合はその翌平日
  • 開館時間
  • 10:00〜18:00 (入場は17:30まで)
  • 会場
  • 福岡県立美術館 4階展示室
  • 料金
  • 一般:300円 (200円)  高大生:140円 (100円)  小中生:60円 (50円)
    ※( )内は20名以上の団体料金
    次の方は無料=身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方及びその介護者/教職員が引率する小・中・高等学校・中等教育学校・特別支援学校の児童生徒及びその引率者/土曜日来場の高校生以下の方

久留米出身の髙島野十郎(1890~1975)は、自己の画業を妥協なく追求し続けた孤高の洋画家です。その超俗的な生活や徹底した写実、類例のない「蝋燭」や「月」の作品群などに注目が集まっています。本展は個人コレクターから御寄贈いただいた15点の作品とともに、驚異の新発見作品や未公開資料を交えて野十郎の新たな魅力をお伝えします。

髙島野十郎「春雨」昭和10年代頃、新収蔵品