【コレクション展】福岡ミュージアムウィーク2018開催中はコレクション展の入場無料!

5月18日の「国際博物館の日」のちなみ、現在、福岡ミュージアムウィーク2018を開催しております。当館では、5月12日(土)~20日(日)まで、4階で開催中のコレクション展「特集・昭和戦前期の美術―時代を映す鏡」の入場を無料といたしております。会場内では、コレクション展にちなんだクイズも開催いたしております。参加していただいた方には、素敵なプレゼントももれなく差し上げておりますので、奮ってご参加くださいませ。
なお5月19日(土)の14時からは、当館学芸員によるギャラリートークも実施いたしますので、あわせてご参加ください。

児島善三郎「蓮花」福岡県立美術館蔵、コレクション展「昭和戦前期の美術」にて展示中)

 

【作品貸出情報】所蔵品28点を「ちっごびより―筑後を楽しむ展覧会」に!

現在、九州芸文館で開催中の「ちっごびより―筑後を楽しむ展覧会」(2018年5月12日~6月3日)に、下記の当館収蔵品28点を貸出しいたしております。ぜひお出かけください。

【油彩画】
伊東静尾「溜」昭和44年(1969)
内野秀美「航海」昭和60年(1985)
尾花成春「風景 筑後川より」昭和62年(1987)
坂本繁二郎「能面」昭和30年(1955)
坂本繁二郎「放牧場」昭和42年(1967)
髙島野十郎「洋梨とぶどう」昭和16年(1941)
髙島野十郎「筑後川遠望」昭和24年頃(c.1949)
髙島野十郎「からすうり(未完)」
髙島野十郎「無題」昭和42年頃(c.1967)
髙島野十郎「御苑の春」昭和23年以降(after1948)
髙島野十郎「割れた皿」昭和33年頃(c.1958)
手島貢「小鳥店頭」昭和34年(1959)
平井光典「ちくご路」昭和58年(1983)
藤岡一「作品」昭和39年(1964)
藤田吉香「風」昭和61年(1986)
松田諦晶「緑陰鞦韆遊び」昭和26年(1951)
松本英一郎「さくら・うし」平成2年(1990)
松本豊太「画室の二少女」明治31年(1898)

【水彩画】
松本英一郎「さくら・うし」平成4年(1992)
松本英一郎「旭光・さくら・うし」平成5年(1993)
吉田博「雲表」明治42年(1909)

【日本画】
坂宗一「水郷」昭和45-64年(1970-89)
坂宗一「漁師」昭和45-64年(1970-89)

【工芸】
松枝玉記「久留米絣着尺「紫陽花の詩」」昭和51年(1976)
初代森山虎雄「久留米絣着尺「蚊絣」」昭和47年(1972)

【彫刻・その他】
江上計太「OTHER HALF NO.2」平成4年(1993)
北原房次郎「男の首」
豊福知徳「構成」昭和37-48年(1962-73)

吉田博「雲表」福岡県立美術館蔵

髙島野十郎「洋梨とぶどう」福岡県立美術館蔵

【切り絵展】出品作家・林 敬三さんが4/29に来場決定


息を呑む繊細美 切り絵アート展」が4月20日(金)に開幕し、連日多くのお客様にご来場いただいております。
会期中は様々なイベントを開催いたしますので、ぜひ「イベントに参加する」ページで各イベント内容をご確認ください。
展覧会に関するニュースは、「息を呑む繊細美 切り絵アート展」展覧会公式サイトでもご紹介しております。

また、このたび出品作家のおひとりである林 敬三先生の4月29日(日・祝)の来場が決定し、急きょギャラリートークを開催することになりました!

当日は福井利佐先生にも来場いただきますので、出品作家お二人のお話を聞くことが出来る貴重な機会となります。みなさまぜひご来場ください。

【4月29日(日・祝)のイベントスケジュール】

10:30~11:30 福井利佐 ギャラリートーク
11:30~12:00 林 敬三  ギャラリートーク
13:00~14:00 福井利佐 実演(事前申込者のみ)
14:00~15:00 福井利佐 サイン会

※ギャラリートークは会場内で行いますので、当日の展覧会入場者に限ります

コレクション展Ⅰ 特集・昭和戦前期の美術―時代を映す鏡― 出品作品リスト

2018年3月17日(土)より6月10日(日)まで福岡県立美術館4階にて開催いたしておりますコレクション展Ⅰ「特集・昭和戦前期の美術―時代を映す鏡―」展の出品作品リストをご紹介いたします。

毎週土曜日14時からは、当館学芸員によるギャラリートークも行っております。お誘いあわせのうえ、ぜひご来場くださいませ。

Ⅰ 画家と留学
児島善三郎「梳る女」昭和元年(1926)
児島善三郎「ロシヤの女」昭和元年(1926)、寄託作品
児島善三郎「カテドラル・ド・ナント」昭和2年(1927)、寄託作品
児島善三郎「パリーの裏街」昭和2年(1927)
髙島野十郎「イーストリバーとウィリアムブリッジ」昭和5年(1930)
髙島野十郎「秋たけなは」昭和5-8年(1930-33)
髙島野十郎「セーヌ河畔」昭和5-8年(1930-33)
髙島野十郎「村落の冬」昭和5-8年(1930-33)、寄託作品
髙島野十郎「パリ郊外」昭和5-8年(1930-33)、寄託作品
髙島野十郎「横丁」昭和5-8年(1930-33)

Ⅱ 昭和のくらしと人々
青柳暢夫「黍と女」昭和16年(1941)
石橋美三郎「子供(雪雄の像)」昭和4年(1929)
上田宇三郎「振袖の女性」昭和5-10年(1930-35)
上田宇三郎「影絵人形文様の前の女性」昭和10年頃(c.1935)
上田宇三郎「タバコ」昭和13年(1938)
上田宇三郎「婦人像」昭和20-23年(1945-48)
大内田茂士「こども」昭和18年(1943)
児島善三郎「サンルームの見える裸体」昭和6年(1931)、寄託作品
小早川清「風」寄託作品
小早川清「舞」寄託作品
手島 貢「景子と」昭和18年(1943)
中村琢二「婦人像」
中村琢二「黄いろいうちは持つ婦人像」昭和18年(1943)
光安浩行「憩」昭和16年(1941)
松林千里「娘 旦の像」昭和10年(1935)
安永良徳「首B」昭和7年(1932)
山喜多二郎太「少女像」昭和14年(1939)
山崎秀雄「カメラ・ファン」昭和14年(1939)、寄託作品

Ⅲ 新しい美術思潮としてのシュールレアリズム
青木 寿「風化」昭和14年(1939)
青木 寿「自動車と其他」昭和8年(1933)
阿部金剛「Rien No.1」昭和4年(1929)
伊藤研之「風景」昭和6年(1931)
庫田 叕「窓辺の風景」昭和10-19年(1935-44)
古賀春江「窓」昭和2年(1927)
古賀春江「漁夫」昭和4年(1929)

Ⅳ 「日本」の風景を求めて
児島善三郎「炎天」昭和13年(1938)、寄託作品
児島善三郎「蓮花」昭和14年(1939)
児島善三郎「東風」昭和14年(1939)、寄託作品
貴道草衣「佐保のさくら」昭和6年(1931)
坂本繁二郎「竹林」昭和10年頃(c.1935)、寄託作品
髙島野十「山の夕月」昭和15年(1940)
田崎廣助「朝顔」昭和4年(1929)
冨田溪仙「栂尾晩秋」昭和9年(1934)
真隅太荘「漁村Fishing Village, 1931
松尾晃華「一月 神苑朝」20世紀【前期】
松尾晃華「二月 太宰府梅香」20世紀【前期】
松尾晃華「三月 荒津花帆」20世紀【前期】
松尾晃華「五月 小富士雨季」20世紀【後期】
松尾晃華「十月 雁ノ巣月光」20世紀【後期】
松尾晃華「十二月 愛宕凍風」20世紀【後期】
松永冠山「行く春」昭和5年(1930)
山喜多二郎太「福岡の海」昭和10年(1935)

Ⅴ 古代へのあこがれ
冨永朝堂「雪山の女」大正13年(1924)
冨永朝堂「潮満瓊」昭和15年(1940)
安永良徳「穣り」昭和15年(1940)
山崎朝雲「力角之宿禰」昭和元年(1926)
山崎朝雲「鳩杖」昭和7年(1932)
吉村忠夫「松浦川」昭和17年(1942)
吉村忠夫「天平美人図」

Ⅵ 戦争の影
大内田茂士「朝鮮の少女」昭和9年(1934)
佐々貴義雄「西鮮の娘」昭和13年(1938)
手島 貢「母子」昭和17年(1942)
冨永朝堂「女子円盤」昭和9年(1934)
冨永朝堂「武者」昭和11年(1936)
冨永朝堂「羅振玉」昭和12年(1937)
蓮尾辰雄「壕の内」昭和60年(1985)
浜 哲雄「肉弾三勇士」昭和10年(1935)、個人蔵
水原房次郎「夏の夜 戦果をききいる少年達」昭和17年(1942)
早川朝洋「みいくさ人と児 」昭和17年(1942)、寄託作品
安永良徳「手作りパイプと煙管」昭和21-41年(1946-66)
吉村忠夫「従軍関連資料」昭和15年頃(c.1940)
吉村忠夫「麻須良乎」昭和16年(1941)

Ⅶ 柏崎栄助と昭和の工芸
柏崎栄助「朱漆盤1」昭和9-17年(1934-42)
柏崎栄助「黒漆酒器1」昭和9-17年(1934-42)
柏崎栄助「黒漆酒器2」昭和9-17年(1934-42)
柏崎栄助「黒漆鉢1」昭和9-17年(1934-42)
柏崎栄助「黒漆鉢5」昭和9-17年(1934-42)
柏崎栄助「色漆鉢1」昭和9-17年(1934-42)
柏崎栄助「色漆鉢2」昭和9-17年(1934-42)
柏崎栄助「クロトン文色漆小物入」昭和9-17年(1934-42)
柏崎栄助「柿形漆小物入」昭和9-17年(1934-42)
柏崎栄助「円形色漆盛器」昭和9-17年(1934-42)
柏崎栄助「格子文朱漆手箱1」昭和9-17年(1934-42)
柏崎栄助「二色漆手箱」昭和9-17年(1934-42)
柏崎栄助「色漆手箱1」昭和9-17年(1934-42)
柏崎栄助「色漆手箱2」昭和9-17年(1934-42)
柏崎栄助「縞文オルゴール付漆宝石箱」昭和9-17年(1934-42)
柏崎栄助「螺鈿文漆手箱2」昭和9-17年(1934-42)
柏崎栄助「足跡形色漆盛器」昭和9-17年(1934-42)
柏崎栄助「足跡形朱漆盛器5」昭和9-17年(1934-42)
柏崎栄助「足跡形黒漆盛器1」昭和9-17年(1934-42)
柏崎栄助「黒漆小物入」昭和10年頃( c.1935)
柏崎栄助「朱漆小物入1」昭和10年頃(c.1935)
柏崎栄助「朱漆香水入」昭和10年頃(c.1935)
柏崎栄助「二色ガラス鉢」昭和17年頃(c.1942)
柏崎栄助「アルマイト貼色漆手箱1」昭和18年頃(c.1943)
柏崎栄助「アルマイト貼色漆手箱2」昭和18年頃(c.1943)
柏崎栄助「ガラス鉢「ゆれる器」」昭和45-50年(1970-75)
豊田勝秋「遅日」昭和11年(1936)
豊田勝秋「鋳銅華器」
中島硝子製造所「ゴールドグラス窯変唐草文様花瓶」昭和12年頃(c.1937)
中島硝子製造所「ゴールドグラス窯変大皿」昭和13年頃(c.1938)

Ⅷ 新収蔵品
鏑木昌弥「静かな声」平成27年(2015)
鏑木昌弥「フリルに包まれたままで」平成27年(2015)
熊野礼夫「憩い」昭和33年(1958)
熊野礼夫「イヤリング」昭和32年(1957)
光行洋子「Ginkgo-2000」平成12年(2000)
光行洋子「蒼い空2010-A」平成22年(2010)
山口長男「曲形」昭和38年(1963)
横尾龍彦「七つの灯台」

中村琢二「黄色いうちは持つ婦人像」

【切り絵展】イベント申込み受付中です

現在、福岡県立美術館ほか主要プレイガイドでは「息を呑む繊細美 切り絵アート展」の前売券を販売しています。

前売券は開幕前日4月19日(木)までの期間限定販売で、当日券よりも200円安くなっています。
福岡県立美術館では、1階入口入ってすぐの総合案内で販売していますので、お立ち寄りの際にはぜひお求めください。総合案内スタッフお手製の切り絵POPが目印です!

また、切り絵アート展では、会期中さまざまなイベントを開催します。

出品作家のギャラリートークや作品制作の実演、講師を招いての切り絵ワークショップ、コンサートなど、大変盛りだくさんの内容です。詳細はイベントページでそれぞれ紹介しています。
作家の実演イベントと切り絵ワークショップは事前申込が必要になりますので、どうぞお早めに福岡県立美術館まで電話かFAXにてお申し込みください。

【切り絵展】前売券販売中です

福岡県立美術館では今春の特別展として、4月20日(金)~6月3日(日)に「息を呑む繊細美 切り絵アート展」を開催します。
「切り絵」とひとことで言いましても、切り絵作家11名の作品はバラエティに富み、それぞれちがった魅力にあふれています。 まさに”カミワザ”というべき110点の作品を、どうぞお見逃しなく!

また、開幕に先駆けまして、本展の前売券の販売がはじまっております。
紙チケットと電子チケットのどちらも販売中になりますので、前売券をお求めの方は、以下のチケット取扱場所をご参照ください。 紙チケットは素敵な仕上がりになっておりますので、特におすすめです!

【紙チケット 前売券取扱場所】 取扱期間:4月19日(木)まで

福岡県立美術館(当館)
〒810-0001 福岡市中央区天神5-2-1 福岡県立美術館1F 総合案内

福岡金文堂(博物館店)
〒814-0001 福岡市早良区百道浜3-1-1 福岡市博物館1F

チケットポート 福岡パルコ店
〒810-0001 福岡市中央区天神2-11-1 福岡PARCO本館5F

チケットぴあ アクロス福岡チケットセンター
〒810-0001 福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡2F

ジュンク堂書店(福岡店)
〒810-0001 福岡市中央区天神1-10-13

チケットぴあ 小倉井筒屋 新館
〒802-0007 北九州市小倉北区船場町1-1 新館8F

チケットぴあ 黒崎井筒屋
〒806-0021 北九州市八幡西区黒崎1-1-1 黒崎井筒屋6F

出光美術館(門司)
〒801-0853 北九州市門司区東港町2-3

※当館以外の取扱先では在庫に限りがある場合がございますので、あらかじめご了承ください


【電子チケット 前売券取扱場所】 取扱期間:4月19日(木)まで
ローソンチケット(Lコード82153)
チケットぴあ(Pコード768-954)
セブンチケット

 

カテゴリー

アーカイブ

開催中の展覧会

展覧会
菊畑茂久馬「花開く(版画集「オブジェデッサン」より)」1978年、当館蔵

コレクション展Ⅱ 夏休み特集:
アートたんけん アートたいけん 開催中

  • 会期平成30年6月16日(土)〜
      平成30年8月30日(木)

人気のある記事

ケンビブログ

【切り絵展】前売券販売中です

福岡県立美術館では今春の特別展として、4月20日(金)~6月3日(日)に「息を呑む繊細美 切り絵アート展」を開催します。 「切り絵」とひとことで言いましても、切り絵作家11名の作品はバラエティに富み、…

ケンビブログ

【切り絵展】出品作家・林 敬三さんが4/29に来場決定

「息を呑む繊細美 切り絵アート展」が4月20日(金)に開幕し、連日多くのお客様にご来場いただいております。 会期中は様々なイベントを開催いたしますので、ぜひ「イベントに参加する」ページで各イベント内容…

ケンビブログ
近藤 史紀《雨星夜》 第73回県展 日本画部門 福岡県知事賞受賞作品

第73回福岡県美術展覧会(県展)入選発表

第73回福岡県美術展覧会(県展)の入選(入賞者)を発表します。 入賞・入選発表 第73回福岡県美術展覧会の入賞・入選者を発表いたします。下の部門毎のリンクよりご覧ください。また、閲覧にはAdobe社の…