11/26~11/30の貸館情報

DSC04024   3階では「草月流 秘蔵コレクション展」が開催中ですが、1階の展示室を美術団体や個人など一般の皆さまに展示室をお貸ししています。

【1階】POLIGLOTTA8 MARINO CLM -マリノコルンブリ・畑田真夫 二人展-
美術館に入ると陽気なロバがみなさんを出迎えます。イタリア出身のマリノ・コルンブリさんと畑田真夫さんによるふたり展です。
作品は油彩や水彩で描かれていて、モチーフはヨーロッパの生活や風景を描いているものから日本のお城や風景までさまざまです。
ふたりの作家と作品が起こす化学反応をみなさまに感じていただければと思います。
会期中、作家のお二人は来館していますので、みなさまのお越しをお待ちしています。(新谷)
DSC04021DSC04023
When you enter our museum you meet the hilarious.
This is Mr.Marino and Mr.Hatada’s exhibition.
Their works have been painted in oil, acrylic and water color.
Painted motif are European life and landscape, the castle and landscape of japan.
Because there are Painters during the exhibition, please listen to various things about a work.
Please enjoy this exhibition. (Y.S)

 

【とっとっと?展】クロージングトーク開催(更新情報)

「とっとっと?」展会場風景(撮影:泉山朗土)

「とっとっと?」展会場風景(撮影:泉山朗土)

「とっとっと? きおく×キロク= 」展会期最後の2日間(11/23, 11/24)、クロージングトークを行うことにしました。時間はともに16:00から(通常のギャラリートークより開始時間が遅くなっていますのでお気をつけください)。

担当学芸員である竹口が展覧会の企画意図や作品への愛情を語るだけでなく、出品作家も参加したりたたずんでいたり(ただし出品作家全員は揃いません)。あまりかしこまらずに自由におしゃべりいたしますので、美術館に学芸員や作家の話を聞きに行くというよりも、なじみのお宅におしゃべりに行くようなかんじで、どうぞ気軽にお越しください。(竹口)

 

「とっとっと? きおく×キロク= 」クロージングトーク

11月23日(日)、24日(月休) ともに16:00~
4階展示会場内
トークの参加に料金はかかりませんが、展覧会チケットをお持ちください

在室作家
23日:酒井咲帆さん(17:30頃から)、寺江圭一朗さん、菱川辰也さん
24日:泉山朗土さん、寺江圭一朗さん、菱川辰也さん、森田加奈子さん

 

 

 

【草月展】展覧会限定グッズ!

11月30日(日)に開催される洋画家の野見山暁治画伯の講演会は好評につき定員に達しましたが、展覧会の物販コーナーでは、野見山暁治画伯講演会関連グッズを販売しております。
先日のブログでご紹介した限定品の「プレミアムペンダント」の他に展覧会限定「スケッチブック」の販売も行っております。
価格は、800円(税込み)です。お土産にいかがですか?
また、福岡市大名の「株式会社山本文房堂」の提供でスケッチブックの原画も物販コーナーに特別展示しておりますので、展覧会と併せてご覧ください!
CIMG0566

【草月展】公式ホームページ公開中!

「雪中富士連峰」勅使河原蒼風草月流 秘蔵コレクション展の公式ホームページ公開中です!随時、情報を更新しております。 是非ご覧ください。 公式ホームページ http://sogetsuryu-fukuoka-prf.com/

 

11/18~11/24の貸館情報

牧瀬英喜写真展 「祈りと微笑み」の地 ラオス ルアンプラバーン

 大河メコンの上流に位置する悠久の古都その地の日々は祈りと微笑みではじまる。チベット高原の源流からおよそ2000㎞。母なるメコンは国境を越えラオスへ流れ込む。その赤茶けた水の恵みに抱かれた山あいの街。かつての都ルアンプラバーンで日々目にする托鉢と喜捨の姿は旅人の心に奥深く浸透した。そんな姿を真摯に目線を合わせ、写しとめた「祈りと微笑み」溢れる作品をご覧ください。(1階展示室 入場無料)

【とっとっと?展】11月16日は家族の日

今岡昌子「シグナルトランスダクション」(とっとっと?展の展示風景より)

今岡昌子「シグナルトランスダクション」(とっとっと?展の展示風景より)

10月4日にオープンした「とっとっと? きおく×キロク= 」も会期残すところ1週間余りとなりました(~11月24日)。まだご覧になっていない方、もう見たけどもう一度見たいと思っている方に朗報です。

11月16日(日)は「家族の日」として、ご家族でいらっしゃる方はもちろん来場される方全員が鑑賞料無料となります! この機会にどうぞいらしてくださいね。(竹口)

*ただし同時開催している「草月流秘蔵コレクション展」につきましては「家族の日」の適用はございませんので、ご了解ください。

カテゴリー

アーカイブ

開催中の展覧会

展覧会
江上茂雄「べにいろの雲」1964年前後、当館蔵

コレクション展Ⅱ
江上茂雄特集 開催中

  • 会期2019年6月29日(土)〜
      2019年8月29日(木)

人気のある記事

ケンビブログ

手作り美術新聞

美術図書室では、中学生・高校生たちの手作り新聞を掲示しています。 県美で職場体験を行った生徒のみなさんが、おススメの画家を選んで紹介しています! 作家の生い立ちや、生徒さんの視点で語る作品の魅力など、…

ケンビブログ
近藤 史紀《雨星夜》 第73回県展 日本画部門 福岡県知事賞受賞作品

第73回福岡県美術展覧会(県展)入選発表

第73回福岡県美術展覧会(県展)の入選(入賞者)を発表します。 入賞・入選発表 第73回福岡県美術展覧会の入賞・入選者を発表いたします。下の部門毎のリンクよりご覧ください。また、閲覧にはAdobe社の…

ケンビブログ

テレビ「美の巨人たち」にて高島野十郎の《蝋燭》が紹介されます!

このたび、テレビ東京系の番組「美の巨人たち」において、高島野十郎「蝋燭」(大正期、福岡県立美術館蔵)をメインとしながら、野十郎の画業について紹介する番組が放送されることになりました。 「美の巨人たち」…

Twitter