【作品貸出】「美術に聴く″物語″」展

geibunkan_A4-01out

筑後船小屋駅にある九州芸文館にて、毎年恒例の福岡県立美術館コレクション展が開催中です(~6/21まで)。

今回のテーマは「物語」。「美術に聴く“物語”」と題されています。「え?美術は観るもので、聴くのは音楽じゃないの?」と疑問に思われた方は、その疑問を確かめにどうぞ会場まで足を運んでみてください。意外な美術の楽しみ方が発見できるはずです。

「まあ、美術は観るものだけど聴くこともできるよね」とスルーしてしまった方も、せっかく当館からチャーミングな収蔵品の数々をご覧いただける機会ですので、観て、あ、いや、聴いてもらえればうれしく思います。(竹口)

 

九州芸文館
→ http://www.kyushu-geibun.jp/

福岡県立美術館コレクション展 美術に聴く“物語”
→ http://www.kyushu-geibun.jp/main/1759.html
*出品リスト等、展覧会の詳細な内容はこちらで確認いただけます

【作品貸出】「九州・沖縄の力」展

鳥巣水子 藍絣花織帯地「ステンドグラス」1981年、当館蔵

鳥巣水子 藍絣花織帯地「ステンドグラス」1981年、当館蔵

伝統工芸のわざを競う公募展のひとつ「西部伝統工芸展」が50回目を迎え、それを記念して特別企画展「九州・沖縄の力」が開催されています(福岡展5/26~5/31[福岡三越9階 三越ギャラリー]、熊本展6/17~6/22[鶴屋百貨店 東館7階 鶴屋ホール])。

九州・沖縄の土地の力を再認識するために古美術品・物故者の作品などを展示しようとの企画。当館の収蔵品からもご紹介いただき、染織と人形を計8点出品しております。他にも普段はなかなか目にすることのできない工芸作品がたくさん展示され、眼福の極み。伝統工芸の「いま」を切り拓こうと切磋琢磨する作家たちの作品と、先人たちの尊敬すべき仕事の数々を、どうそあわせてご堪能ください。驚くべきことに入場無料です。(竹口)

 

当館からの出品作品
森山虎雄(初代) 久留米絣着尺「蚊絣」
松枝玉記 久留米絣着物「島」
古博多織帯
小川善三郎 献上博多織帯「五献立八寸名古屋帯」
高木秋子 木綿地風通織着物「ミモザの季節」
鳥巣水子 藍絣花織帯地「ステンドグラス」
宗七焼 「在原業平像」
鹿児島寿蔵 紙塑人形「車興し」

 

第50回記念西部伝統工芸展
→ http://www.nihonkogeikai.or.jp/exhibition/seibu/50
*特別企画展「九州・沖縄の力」は福岡・熊本会場のみで、大分には巡回しません。

5/19~5/24の県民ギャラリー

福岡県立美術館では1階と3階の展示室を、美術団体や一般の方々の展覧会のための場所としてお貸ししております。

第68回示現会展

IMG_1380IMG_1382四月に国立新美術館に1,050点程の洋画を展示、全国14ヶ所にて巡回展を開催中です。県立美術館では、巡回作品約60点と福岡、佐賀、大分、長崎、山口の会員作品約110点を展示しています。(会場 3階1・2・3・4室 一般700円、大学生以下は無料)

 

 

第3回示現会福岡支部公募展

IMG_1383IMG_1384広く一般、高校生、大学生を対象とする公募展です。約80点の洋画を展示しています。(会場 1階彫刻室 入場無料)

 

 

福岡ミュージアムウィーク

chirashi-omote-01

「国際博物館の日」(5月18日)にちなんで開催されるミュージアムのおまつり、「福岡ミュージアムウィーク」が今年も始まりました。福岡市博物館、福岡市美術館、福岡アジア美術館を中心に、福岡市内たくさんのミュージアムでイベントや特典が盛りだくさんの9日間です。

当館では4階で開催中のコレクション展「特集 福岡の日本画と彫刻」が入場無料。コレクション展クイズに参加してグッズをゲットしてください!

5月16日(土)と5月23日(土)には、午後2時からコレクション展会場にていつも通り学芸員によるギャラリートークもあります。「ギャラリートークって一体なにをトークするの?」「それっておもしろいの?」と二の足を踏んでいらっしゃる方も、入場無料のこの機会にぜひ体験してみてください。(竹口)

 

福岡ミュージアムウィーク
→ http://f-museum.city.fukuoka.lg.jp/museumweek/index

5/12~5/17の県民ギャラリー

福岡県立美術館では1階と3階の展示室を、美術団体や一般の方々の展覧会のための場所としてお貸ししております。

写楽会水彩画展

3階3,4号展示室
入場無料

IMG_1376

IMG_1378

写楽会は人物や風景、植物などを描き、毎年作品展示会を行っています。今年は水彩画や絵手紙の作品約130点を展示しています。

 

 

【カフェテラス】期間限定スィーツ

IMG_5272

ケンビ1階のカフェテリアでは、現在開催中の「旅する芸術家 ホジェル・メロ」展とコラボしたオリジナルメニューを販売中です。色とりどりのフルーツやブラジルの特産品アサイーを使ったスイーツも期間限定で用意しています。(限定メニューは5月17日までです)

美術館でのほっこりしたひとときを、カフェテラスで過ごしてみませんか。みなさまのお越しをお待ちしております。(新谷)

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー

アーカイブ

開催中の展覧会

展覧会
江上茂雄「べにいろの雲」1964年前後、当館蔵

コレクション展Ⅱ
江上茂雄特集 開催中

  • 会期2019年6月29日(土)〜
      2019年8月29日(木)

人気のある記事

ケンビブログ

手作り美術新聞

美術図書室では、中学生・高校生たちの手作り新聞を掲示しています。 県美で職場体験を行った生徒のみなさんが、おススメの画家を選んで紹介しています! 作家の生い立ちや、生徒さんの視点で語る作品の魅力など、…

ケンビブログ
近藤 史紀《雨星夜》 第73回県展 日本画部門 福岡県知事賞受賞作品

第73回福岡県美術展覧会(県展)入選発表

第73回福岡県美術展覧会(県展)の入選(入賞者)を発表します。 入賞・入選発表 第73回福岡県美術展覧会の入賞・入選者を発表いたします。下の部門毎のリンクよりご覧ください。また、閲覧にはAdobe社の…

ケンビブログ

テレビ「美の巨人たち」にて高島野十郎の《蝋燭》が紹介されます!

このたび、テレビ東京系の番組「美の巨人たち」において、高島野十郎「蝋燭」(大正期、福岡県立美術館蔵)をメインとしながら、野十郎の画業について紹介する番組が放送されることになりました。 「美の巨人たち」…

Twitter