髙島野十郎展、明日より開催です!

いよいよ明日、10月5日(土)より、「新たな髙島野十郎展」を開催いたします。

*展覧会チラシPDFはコチラ→yajuro2019

皆様のお越しをお待ちいたしております!

髙島野十郎「ティーポットのある静物」福岡県立美術館蔵

髙島野十郎展を開催します!

この秋、当館では「新たな髙島野十郎展―4つのキセキの物語」を開催いたします(2019年10月5日~11月24日)。
本展は、2015年の冬に開催した「没後40年 髙島野十郎展」以来、実に4年ぶりの機会となります。
下記ページにて、展覧会情報を随時更新していますのでどうぞお楽しみに!

新たな髙島野十郎展―4つのキセキの物語 

髙島野十郎「すいれんの池」福岡県立美術館蔵

【美術のみかた展】作品みるみるプロジェクト!絵にする感想文 イベント中止のお知らせ

現在当館で開催中の「国立国際美術館コレクション 美術のみかた 自由自在」展における、下記のイベントについては、都合により中止することになりました。大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

*開催を中止するイベント

「作品みるみるプロジェクト!絵にする感想文」
日時:2019年1月13日(日) 13時30分~

【バレル展】閉幕いたしました

2018年12月9日(日)をもちまして、「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」展は無事閉幕いたしました。
たくさんのお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。
本展は、次に愛媛県美術館(2018年12月19日~2019年3月24日)に巡回いたします。
詳細は「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」展公式サイトにてご確認ください。

【バレル展】11/28ギャラリートーク追加開催決定!

印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」展も、いよいよ12月9日(日)まで。
会期も残りわずかです!

11月21日(水)には関連イベントとして学芸員によるギャラリートークを開催しました。
展覧会各章のポイントとなる作品を中心に、見どころや当時のエピソードなどを約40分ほどで解説。
平日にもかかわらず、たくさんの熱心なお客様にご参加いただきました。

 

そして、大変なご好評を受けまして、バレル・コレクション展ギャラリートークの追加開催が決定いたしました!
開催日は11月28日(水)、前回までのギャラリートークより少し遅めの16時からのスタートです。
イベントページに詳細をまとめておりますので、ぜひご確認ください。
皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

【バレル展】12/3(月)は特別開館日

12月9日(日)まで開催中の「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」展。
いよいよ会期も残りわずかとなったところで、残る会期中の休館日のお知らせです。

バレル・コレクション展開催中の休館日は、11月19日(月)、11月26日(月)の2日となります。
12月3日(月)は特別開館いたしますので、11月27日(火)~12月9日(日)の期間は休館日はありません
イギリスから奇跡の初来日を果たした作品の数々をご覧いただくチャンスとなっておりますので、どうぞお見逃しなくご来館ください!

また、先日の11月16日(金)は、本展関連イベントとしてナイト・ミュージアムを実施しました。
夜の美術館でいつもより長く展覧会をお楽しみいただき、Ensemble FUCHSIAのみなさんによるナイト・コンサートも開催。
夜の須崎公園を背景に、聴きなじみのあるクラシックの名曲の数々が響きわたり、とても優雅なひとときとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

本展の関連イベントも残りわずか。
11月21日(水)には学芸員によるギャラリートークを行います。
作品や作者にまつわるエピソードなど、より深く展覧会をお楽しみいただける内容となっておりますので、ぜひお気軽にご参加ください。

カテゴリー

アーカイブ

人気のある記事

ケンビブログ

「おとない -Sound/Visit-」展(2020.1.15~1.19)

「おとない -Sound/Visit-」展(2020.1.15~1.19) 【出品作家】 生島国宜、Eri Tsutsumy、城一裕、duenn、monogs 2020.1.19 15:00~ ライブ…

ケンビブログ

【髙島野十郎展】章解説パネルを公開いたします

「新たな高島野十郎展」にて掲示されている章解説パネルを公開いたします。 会場で文章をじっくり読めなかった方、会場にお越しになれない方は、ぜひこちらをご参照ください。   第1章パネル 第2章…

ケンビブログ

【髙島野十郎展】担当学芸員による見どころ解説②

「新たな髙島野十郎展」について、担当学芸員による見どころ解説の第2回目をお届けします!本展覧会のひとつのメインとしてご紹介している、驚異の新発見作品である、もうひとつの《からすうり》(昭和10年作、個…

Twitter